日本アトピー協会は、アトピー性皮膚炎およびアレルギー諸疾患に対して、安心と安全、そして快適と向上を目指す人々の暖かい誠意に基づき組織された団体です。

HOME > アトピー患者の皆様へ > アトピーの治療 > 外用薬について

アトピーの治療

外用薬について

外用薬は塗り薬のことで、患部の症状によって医師はケースバイケースで外用薬を処方します。軟膏でなければいけない、クリームの方が効果的、あるいはこの部位にはスプレー剤が得意技を発揮する…など、医師は判断し選択します。それぞれ薬効が最大限に発揮できるよう薬剤設計されていますので医師の指示に従って使ってください。

症状に応じて医師は外用薬を使い分けます

外用薬というのは「塗りぐすり」は医学用語で、アトピー性皮膚炎には欠かすことのできない薬物療法のかなめです。ひと言に「塗りぐすり」といっても軟膏剤、クリーム剤、ローション剤、貼付剤など症状や部位によって医師は使い分けします。とくにクリーム剤と軟膏剤の使い分けを十分に理解しておいてください。

知っておきたい皮膚科外用薬の知識

皆さんにとっておなじみの軟膏、クリームやローションなど…、これらは外用薬と称されています。とくに皮膚科では内服薬よりも外用薬がはるかに多く使われます。その種類と機能を勉強しましょう。

主剤と基剤

外用薬は主剤と基剤とで構成されています。主剤となるのはステロイド薬であったり抗ヒスタミン薬であったり、また抗真菌薬などです。いっぽう基剤は主剤を保持し、これらを効率よく経皮吸収させるためのもので、使用対象となる病変の程度や湿潤の有無、そのほかさまざまな要素に対応して多くの種類があります。

塗り方、使い方

外用薬の性質や使い分けなどをよく理解してください。また医師の指示も守らなければ効果は期待できません。医師は四六時中、患者さんに付きっ切りではありません。医師の目の届かないところでは患者さん自身が治そうという強い意志を持たなければなりません。コンプライアンスと難しく云われますが、要は決められた時間に、決められた量の薬をきちんと飲んだり塗ったりすること…これは医師との約束であって患者さんの「義務」でもある訳です。

一日に何回塗ればいい?

これを曖昧にしている医師は多いようです。「症状が酷くなったら塗ってください」といっても、どの程度が酷く、どの程度なら酷くないのか患者さんは判断できません。「これくらい…」という目分量も人によっては違います。現在塗る量の目安として、ワンフィンガーチップユニット(1 FTU=Finger Tip Unit)が基本的な使用量の目安とされています。チューブの場合、大人の指先の関節1つ分の長さを出した量(約0.5g、1 FTU)で大人の手2枚分の面積に塗るのが、使用量の目安とされています。またローション剤の場合は、1円玉サイズ(約0.5g)が相当します。塗る回数は、一日2回の外用薬が多いようですが、医師より1日3回の塗付を指導される場合もあります。朝は、食後あるいは通勤や通学前、そして午後の早い時間、最後は入浴後、という風に習慣づければ如何でしょうか。しかし塗るタイミングと間隔は大切ですのでかかりつけの医師の指導を必ず受けてください。1FTUは、九州大学医学部皮膚科学教室のホームページに動画で判りやすい解説があります。

参考にして下さい。 http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/improvement_02_4.html

摺り込こまず、たっぷり塗る。

医師によって違いますが、過去にはよく摺り込むこととされていましたが、外用薬の性能も良くなったのでしょうか、現在は「外用薬を皮膚にちょんちょんと何箇所かに置き、すり込まないで乗せる≠謔、に、やさしく手のひらで広げます。」とされています。またベタベタ≠ノなるくらいが基本で、ティッシュペーパーを付けて落ちない程度というアドバイスもあります。患者さんはステロイド外用薬がともすれば「怖い薬」という怯えが一般的にあって「医師が指示した量」より少なめに使い、その結果、効果が十分に発揮されず「中途半端な治り方」となってダラダラとした症状が続きます。風邪薬が怖いから半分だけ飲んでも効果はあまり期待できません。「たっぷり目」を習慣つけてください。

消防車のたとえ

火事のときに現場の消防司令が「この火事なら消防車5台は必要だ」と判断して出動要請をしたのに2台でしか消火できなかったら火事は広がる一方です。同じことで医師が「このクラスのステロイド薬をこの量で一日何回…」と指導しても、患者さんがそれを守らなかったり、はじめから塗ることをしなかったら、炎症が広がるのは当たり前です。また、やようやく鎮火(炎症が治まる)しても、まだプスプスと燻っている状態で、風(何かのアレルゲン)などが吹くと、再び炎(炎症)がおこりますので、見た目に大丈夫でも自分で判断してはいけません。

効率のいいのは風呂上り

皮膚が清潔で潤いがあって血行が良いお風呂上りに塗るのがいちばん効率よく薬剤が浸透するとされています。
また保湿剤は浴槽を出て5分以内に塗るのが理想です。素早くタオルで体を拭き外用薬や保湿剤を塗るには、少し「慣れ」が必要かもしれませんが、早くコツを掴んでください。頭髪の手入れなどは外用薬や保湿剤を塗ってからにするなど手順を考えて習慣づけしてください。またワセリンなど、少し基剤などが硬い場合はチューブならお風呂場に持ち込み、さらに少し身体が濡れた状態で使用する方法もあります。  バスタオルの洗濯が大変かもしれませんが、酷くならないためにも保湿が優先かもしれません。

基剤の種類

外用薬は大きく分けて次の6種類に分類されます。

軟膏剤(記号はO=オイントメント)
一般的な「塗りぐすり」は軟膏剤です。軟膏剤には疎水性と親水性の2タイプがあり疎水タイプはワセリンや流動パラフィンなどが用いられ油脂性とも呼ばれています。特徴としては皮膚保護作用、かさぶた軟化作用があり皮膚への刺激性も低く、患部への薬剤の浸透性に優れています。通常、防腐剤は含みません。べとつきがあり使用感はあまりよくありませんが、ワセリンは病変部への刺激が少なく、湿潤面から潰瘍面、乾燥病変部まで広い範囲で使われています。また、べとつき感があって衣服などを汚すこともあり、特に活発に行動する小児は嫌がる傾向があるようです。親水タイプはクリームとも呼ばれていますのでクリーム剤として説明します。

クリーム剤(記号はクリームのC)?
乾いているカサカサ部分に使われ「薬を塗っている」ことが判りにくく美容的に優れ、顔などの部位には適しています。
クリーム剤は下記の3種類に分けられますがステロイド外用薬など主なクリーム剤は殆ど乳剤タイプです。

1)乳剤性基剤
乳剤性基剤は水分と油脂を界面活性剤により乳化させたもので、主剤を皮膚に浸透させる作用が良好でべとつきがなく使用感に優れていますが、パラペンなどの防腐剤を含有します。そのため接触性皮膚炎が起こる可能性が稀にあります。乳剤タイプはさらに2つに細分します。

  • 一つは水中油型基剤といって水の中に油が分散した状態(oil in water=O/W)のものでバニシングクリームと呼ばれています。皮膚に塗布して、しばらくすると塗布面が目立たなくなるので喜ばれますが、やや刺激があり湿潤, ビラン面への使用は要注意です。
  • もう一方は逆のタイプで油の中に水が分散しているもので(water in oil =W/O)油中水型基剤、コールドクリームと呼ばれています。滑らかな塗布感で皮膚への刺激がバニシングに比べて一般的に低いとされています。

2)水溶性基剤
水溶性基剤はポリエチレングリコールを主成分とし吸水性があり浸出液を吸収し、湿潤病変部位を乾燥させる作用を有しています。

3)懸濁性基剤
ゲル状のもので、皮膚への浸透性が低いため、アルコールなどで浸透性を高めており刺激性がある。                          
懸濁性基剤については、ステロイド外用薬は少ないので省略します。

液剤(ソリューション剤とも云います)
液体状の外用剤で水やアルコールなどを基剤としています。大きく分けて下記の3種類に分類できます。いずれも防腐剤が添加されます。

1)乳剤性ローション剤
乳剤タイプは乳化剤の作用でお互いに混合しない2種類以上の液体が一つの液体中に微粒子状態で含まれているもので皮膚への浸透性が優れています。主にステロイドや尿素の基剤として使われています。

2)懸濁性ローション剤
懸濁タイプは粉末薬を液体中に入れた合剤で使用前によく振ることが必要、塗布したあとに薄い皮膜をつくります。

3)溶液性ローション剤
溶液タイプはアルコールを基剤とし、薬剤の浸透と独特の爽快感をつくります。
いずれも頭部の毛髪のなかに湿疹が出たときなどに使います。

スプレー剤
ローション剤の発展型で手軽に使え、拡散して患部に浸透させることができます。便利ですがその分、割高となっています。ほとんどが液化天然ガスの力で噴霧しますので火のあるところでは使えません。

粉末剤
代表的なものとして亜鉛華があり、病変部に散布することで水分を吸収し、乾燥させる作用があります。

貼剤・テープ剤
万金膏など昔は膏薬と称され外用剤はほとんどこのタイプでした。今はサロンパス等の湿布剤が代表的ですがステロイド貼剤も開発されています。病変して皮膚が厚くなったり、ひび割れができてしまった部分に使われます。
効力が大きく持続性に優れていますが、患部を覆ってしまうので蒸れたり、毛穴や汗腺を塞ぐことになって稀に毛包炎を起こすこともあるようです。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Reader(無料)がインストールされている必要があります。上のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。