日本アトピー協会は、アトピー性皮膚炎およびアレルギー諸疾患に対して、安心と安全、そして快適と向上を目指す人々の暖かい誠意に基づき組織された団体です。

HOME > 医療関係・企業の皆様へ > 全国医療関係機関

医師紹介

かるが医院

標榜科目
内科・小児科
医師名
松山 家芳(マツヤマ イエヨシ)先生【院長】
医師数
1名
所在地
〒739-1753 広島県広島市安佐北狩留家町1298-1 【地図】
電話番号
082-844-7421
FAX番号
082-842-1026
URL
 
診療時間帯
 
9:00〜12:00 ×
15:00〜18:00 × ×

○:診療日 ×:休診日

患者さんへの対応
乳 児
幼 児
小 児
学 生
成 人
診療の予約 -
入院治療 -
 
治療・指導
標準治療
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
ステロイド
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
漢方薬
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
食事指導
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
生活指導
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
スキンケア指導
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜
負荷試験
  1. 行う
  2. 行わない
  3. 適宜

アトピー性皮膚炎の治療方針

小児の場合は食事療法(除去食)を中心に、食事指導、生活指導、スキンケア指導を行い、ステロイド治療は出来るだけ行わないが、ADL(日常生活動作)を考え患者さん同意の上、使用する場合もあります。大人の場合は、精神的ストレスが関係することが多いので、軟膏薬を中心に治療。ステロイド治療は極力避ける。

ステロイド外用薬への考え方

ステロイド外用薬は根治薬ではないので、副作用に注意しながら使用する必要がある。短期間または、間歇(かんけつ)的に使用することがある。

患者さんへのメッセージ

アトピー性皮膚炎は、食事や精神的なストレスの関与が大きいので根気よく治療することが大切。極端にステロイド拒否やステロイド依存にならない様にして、自分の持つ自然治癒力を高めることを心がけることが大切です。

このページに掲載しております情報については、一切の転載・複写、情報の転用、無断リンク等一切禁止します。
また掲載しております先生方のコメントにつきましても、一切の使用を禁止します。

東日本大震災・平成23年台風12号で被災された患者さんへの支援のご報告 医薬品成分(副腎皮質ステロイド)が検出された外用剤について 医薬品成分(副腎皮質ステロイド)が検出された外用剤について
Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Reader(無料)がインストールされている必要があります。上のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

詳しくはこちら