日本アトピー協会は、アトピー性皮膚炎およびアレルギー諸疾患に対して、安心と安全、そして快適と向上を目指す人々の暖かい誠意に基づき組織された団体です。

HOME > アトピー性皮膚炎患者さんの“ 声 ”をお寄せください!!

アトピー性皮膚炎患者さんの“ 声 ”をお寄せください!!

■送信フォーム 下記必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

※ 半角カタカナの使用はできませんのでご注意ください。
※ *印の項目は必須項目となりますので、必ず入力してください。

性別*必須 男性 女性
年齢*必須  
ご住所1*必須  都道府県を選択してください
患者さんの声
内容(500文字以内)*必須
具体的にお聞かせください
内容(500文字以内)
 

NPO法人日本アトピー協会にお寄せ頂いたアトピー性皮膚炎患者さんと保護者の声

乱用が問題視されていますが、アトピーの保湿剤として使いやすく常用してる人の声をきいて欲しいと思います。
保湿剤としては白色ワセリンや亜鉛華軟膏は使いづらい上にベタつきが酷いです。アズノール軟膏はアレルギーを起こす場合があります。
特に外出時に携帯する事を考えた時はヒルドイド系がもっとも使い勝手がいいです。


■具体的にお聞かせください

アンテベート軟膏とヒルドイドソフトの混合処方や単剤としてビーソフテン油性クリームの処方をもらっています。
近年、湿疹の程度によってはタクロリムス軟膏を体にも塗るようになりましたが、それでも月に100g程度は処方してもらっています。(30歳代・男性・神奈川県在住)

アレルギーに好きでなったわけではないのに、アレルギーの人だけ保険適用外なんてひどいなと思います。それなら健保にお金を支払う必要なんてないのではないかと感じます。
5歳の娘は保湿剤がなければ血だらけになってしまいます。何のためにその薬を保険適用外にするのでしょうか?本当に困っている人に薬が保険適用内で買えないのなら何のために健保に入るのでしょうか?ただ高い健保のお金だけ払って、自分の病気は保険適用外なんておかしいと思います。
必要な人には必要な薬を出してもらえる世の中にしてほしいと思います.


■具体的にお聞かせください

美容目的でもらう人がいるとの事ですが、アトピーの人は美容目的でもらっているわけではないと思います。
薬を大量にもらう人は、医療費3割負担とか、ほとんど医者にかからない人は医療費1割負担とか、無駄に一緒に行く人には、それなりの割増負担をさせればいいと思います。そしてあまり使わない人は安くすればいいんじゃないかと思います。(30歳代・女性・秋田県在住)

ずっとひどいアトピーに悩まされており、ヒルドイドがないと全身に湿疹ができ、顔は真っ赤になります。超敏感肌用と書かれている市販のものを使ってみると乾燥は治るどころか、アトピーが悪化してしまいます。これでアトピーが完全に治るということはありませんが症状を抑えることができるため、保険適用外になるのは本当困ります。今でさえ処方量が少なく、毎日乾燥とアトピーと闘っているのに、保険適用外になることで処方する量がさらに少なくなり、今より酷い肌になると思うと外に出られません。本当に必要にしている人たちには保険適用外にしないで欲しいです。(30歳代・女性・三重県在住)

生まれた時から全身アトピーで、人並みに綺麗な肌になるためにお薬の力を借りています。たかが肌がアトピーで大げさだと思われるかもしれませんが、私にとっては自分の尊厳に関わる問題です。細心の注意と努力そしてお薬でどうにか耐えています。どうか本当に必要な人間に対しては今まで通り処方してください。これ以上苦しみたくないです。(20歳代・女性・東京都在住)

現在の制限はただでさえ苦しみが多い皮膚疾患患者を更に苦しめています。醜い肌で病院に通うつらさ、年中長袖長ズボンのつらさ、毎日掻き毟ってしまうつらさ。加えて十分な量を使えないつらさ。皮膚疾患患者を「美容マニア」「ネットで評判がいいから」と皮膚科に来る人と一緒にしないで下さい。私たちは治療を受けられなくなったも同然なのです。(30歳代・女性・茨城県在住)

生まれた時からアトピーがあり、保湿剤とステロイドは欠かせない毎日です。ヒルドイドで保湿することで、掻きむしることを防いでいます。
アトピーは生死に関わる病気でないためか、軽く見られているように思います。痒いことがどれ程辛いか、アトピー患者にとってヒルドイドがどんなに大きな役割を果たしているのか、よく理解してほしいです。
美容目的での使用は適用外にすべきですが、アトピー等の疾患で必要な人への処方を適用外にするべきではありません!!!(20歳代・女性・埼玉県在住)

物心ついた頃からアトピー に疾患し、体に触れるものすべてに気を使いながら生きてきました。お化粧についても、ドラッグストアで売られている安価な化粧品は肌荒れするので敏感肌用の高価な化粧品を使っています。
保湿剤がなければ、当たり前に日常を過ごすことも困難です。服の内側は皮膚が粉状になったもので真っ白、頭からもフケが落ちて、自分が辛いばかりか周りを不快にさせてしまいます。
手はひび割れ、物も満足に持てません。
常に痒みに襲われ、見た目が気になり、いつも憂鬱です。
保湿剤はとにかくたっぷり使用することで効果の出る薬です。ちまちま使っていては、症状が改善されません。
皮膚科の薬は保険適用のおかげで毎月3,000円くらいで済んでいますが、これで増税のうえに保険適用外になれば、本当に生活が脅かされます。
美容目的の人に処方しないということはできないのでしょうか?なぜ本当に必要としている人も制限されなくてはならないの??これまでアトピー が理由で辛いことや劣等感を抱えながら生きてきた のに、悔しくて仕方ないです。


■具体的にお聞かせください

処方量が制限されるようになったので、以前は多めに処方してもらって2ヶ月に1回くらいの通院で済んでいましたが、今は毎月通っています。
皮膚科はお医者さんの数が少ないので、いつも混んでいて何時間も待たされるのは普通です。
今は独身なのでなんとか通えていますが、これから人生のステージが変わって子育て、介護などがあったらこんな時間を毎月取れるのか不安です。
それに、ただでさえ貴重な皮膚科医さんが忙殺されているのは私としても心苦しいです。 (20歳代・女性・東京都在住)

この薬を処方していただいた時、物凄く嬉しかったです。コレがなくなったら、また昔のアトピー まるけ(まみれ)の身体で苦しまなければならないです。
絶対に反対です。(50歳代・男性・愛知県在住)

子供の頃からアトピーをもってます。8年程前からは、接触性皮膚炎とも診断されています。ひどいときにはヒルロイドを塗らないと手が乾燥しパーの状態に開くことも出来ません。無理矢理開くとひび割れし血が出てきます。ヒルロイドが保険適用外になると使用できる量も限られ大変困ります。アトピーや接触性皮膚炎悪化の原因はストレスや不安も関係します。もう薬が残り少ない、でも塗布しないと皮膚は辛い…どうしようと不安になりストレスも。皮膚科の医師なら美容目的かほんとに病で必要な人なのかは判断できるのではないでしょうか。私達もヒルロイドを使わないでいい問題のない皮膚なら保険適用といえどお金はかかるので購入したくはないです。ただ使用しないと日常生活に支障がでるので使用をしているのです。保険適用外ではなく、医師がしっかり診断し必要と認められれば保険適用で本数制限ももうけてほしくないです。(40歳代・女性・福岡県在住)

1歳になる子供に1日に3回ヒルドイドを塗るように言われて、処方されるのが最大量の200gされてもらっていますが、仕事復帰して病院を受診できる日が限られてしまい、1日2回塗っても2週間で無くなってしまう。
せめて、1ヶ月は持つように処方してもらいたいが、年齢が上がると塗る量も増えるので、これから先がとても不安。(30歳代・女性・沖縄県在住)

毎年、夏になるとひどいアトピーでお風呂上がりは全身に保湿剤を塗ります。
アトピーじゃない人からしたら、ただ痒いだけ?そうじゃない!お風呂でも寝ててもずっと痒い。跡は残る。完治薬もない。絶対に軽視されてます。(20歳代・女性・静岡県在住)

アトピーがあり、一年中かゆみから、かき壊してしまいます。
1日二回、朝夕に保湿剤を塗布して何とか悪化しないように生活しています。
それでも充分ではなく、悪化してしまうことも。かゆみがひどいときは内服薬も使います。
保険から外れると、金銭的負担から充分な保湿が難しくなってしまうので、悪化してしまうのではないか心配です。(10歳代・女性・千葉県在住)

私は薬剤師でありアトピー患者です。先日のニュースで保湿剤の負担金増!と見て驚愕しました。アトピーの治療ガイドラインに、寛解した後も保湿外用剤を継続して使用することは有効、推奨度1、と書いてあるのに、患者を見捨てるのでしょうか。全身に40FTU必要なので、一回に20gの保湿が必要なんです。1日2回塗る必要があります。
もしこの量をOTCで1本50g1000円購入するとなると、24000円必要です。とてもじゃないけど買えないので、買うのを控える→悪化して受診しステロイドに頼る→副作用の悪循環が見えています。
具体的にお聞かせください = 医院で1ヶ月に200gに制限されました。結果、アトピーがひどくなり、ステロイドを使用する回数が増えました。今まで、ステロイドの使用は季節の変わり目だけ年4回程度でしたが、1ヶ月に1回ステロイドを使わなければいけなくなりました。(30歳代・女性・兵庫県在住)

お風呂に入った後は絶対に湿疹が出て痒くて仕方ないです。冬場は何回も塗り直ししないとパリパリになって血が出ます。市販の保湿を色々試しましたが肌荒れを起こして終わりました。医者からはこれを塗りつづけていくしかないと言ってたいました。なのにもらえなくてあなたは大丈夫と言われます。もちろん塗って過ごしてますから今は大丈夫ですが、量を出してくれないので月に2回いくこともあります。


■具体的にお聞かせください

1ヶ月分として4から5本いただいていましたが、2本くらいしか頂けず、無くなってから来てと言われて一日でも欠かすことはできなかったので二つの皮膚科に通って月に2箇所の皮膚科に行ったりしてます。(20歳代・女性・北海道在住)

小学生の弟がアトピーです。健康保険の財政圧迫を改善することが目的ならば本当に必要な人間が被害を被る可能性のある制限をするのではなく、美容目的の人間をなくす方向の対策をするべきです。(10歳代・男性・山形県在住)

生まれつきアトピー性皮膚炎です。歳を重ねるごとに肌の乾燥も悪化し、痒みが増すことで夜に痒みで寝られないこともありました。いつもベッドのシーツは血だらけでした。
ヒルドイドの処方により皮膚の乾燥および痒みが顕著に減り、現在は日常生活に支障をきたすことのないレベルを保てています。
アトピー性皮膚炎は現代の医療においても完治するものではありません。そして、アトピー患者の中には私のようにその症状のため日常生活を無難に過ごすことすらままならない人がたくさんいます。
美容目的において保険適用外とする事には賛成です。しかし、一律で保険適用外とする事は、アトピー患者が健康で文化的な最低限度の生活を送る事を阻む措置であり、断固反対します。(20歳代・男性・愛知県在住)

全身アトピーで、一年中処方していただいております。足りないので、最後はチューブを切って使っています。まずは保湿、それからステロイド薬なので、乾燥性の方には必要な薬です。(30歳代・女性・島根県在住)

小学生の頃から皮膚が弱くて、ステロイドによっては、塗っていても痒みが収まらず、掻きむしってしまい皮膚が膿んだりボロボロになったりし、大人になってからアトピー性皮膚炎と診断され、毎月一回皮膚科に通っています。薬を飲んでも、眠れないほど痒みに悩まされる時もあります。ヒルロイドローションは、塗っても被れないので、本当に必要です。他の有名なローションを使ったりもしましたが、結局肌が痒くて処方してもらっています。(30歳代・女性・奈良県住)

親子してアトピー性皮膚炎です。
夏になると酷くなるの何かないかと調べてたらたまたまこのページにたどり着きました。
汗をかいても痒い、乾燥しても痒い、水仕事したあとも痒い。とにかく年中痒くて皮膚科でステロイドとヒルドイドソフトを処方されてます。ヒルドイドソフトはひたすら塗ってと言われてます。もしこれが制限されたら、私達親子は困ります。同じくアトピーの人達が困ります。(40歳代・女性・北海道在住)

以前はワセリンとザーネなどで保湿していましたが、ヒルドイドを全身に塗ることで肌の状態が劇的に改善しました。保険が効いている今でも年間の薬代はかなりのものです。アトピー患者からヒルドイドを奪わないで下さい。(40歳代・女性・北海道在住)

処方制限がかかってからというもの、毎月保湿が足りず症状が悪化する一方です。
またネットでは乾燥対策の化粧水としてビーソフテンを紹介している方に、処方制限で困っているためそのような紹介は控えてほしいとお願いしたところ、アトピーも乾燥肌も同じ悩みなのに自分たちだけ使えると思っているのは傲慢だ等と非難を浴びせられてしまい、美容目的で処方してもらうことがいけないことだということ、アトピーの症状がこんなに多くの方に理解されていないのだなと強く感じ、とてもショックを受けました。
今後悪化する一方だと思うと希望が見えません...毎月の皮膚科代もばかにならず、処方制限だけでなく自己負担になるかもしれないというニュースを見ましたがそれではさらに酷くなってしまい生活に不自由が出てしまいます。どうかアトピー患者と美容目的の方を一緒にしないでください。そして美容目的の方への取り締まりを厳しくしていただきたいです。今の状況が改善されることを願っています。


■具体的にお聞かせください

毎日節約して使っても足りず、また常に乾燥することで痒みも傷もどんどん増える一方です。市販の保湿剤を何種類も試してみても、すぐに合わなくなり余計にかぶれてしまうこともしばしば。そして市販薬を毎月買い足すことにより経済面も苦しくなっています。今の状況がとても苦しいです。苦しいながらもアトピーと向き合って、皮膚科に助けを求め、毎日薬を塗って、少しでも良くなるようにと願っているだけなのに、美容目的の方々のせいでアトピー患者も処方を制限されてしまうなんて...あまりの理不尽さにどうしても挫けそうになります。どうか多くの方にこのことを知っていただき、理解していただきたいです。本当に必要としている人が適切な処置を受けられるようになりますように。(20歳代・女性・栃木県在住)

症状に応じた負担割合をもっと柔軟に審査できませんかね?
1、2、3割 → 10割
自分は軽症なので5〜9割あたりでもいいかなと思います。(40歳代・男性・東京都在住)

赤ちゃんがアトピー持ちのため、 ビーソフテンを処方されていました。


■具体的にお聞かせください

今月からあまり処方できなくなって、今まで大きめの容器で処方してもらっていたものがかなり小さいチューブ形態のものになった。足りなくなった時は、市販薬を購入するしかないが、全身に使うため、何度も買わなければならず、高額になってしまう。(30歳代・女性・茨城県在住)

生まれてからずっとアトピーに悩まされています。皮膚がただれている人は皮膚が薄くなっているので一度に塗布する量を多くしなければいけないとお医者さまに言われた事があります。それを制限されてしまうと患者さんにとっては痒みに耐えたり治らなかったりストレスです。それに手にアトピー等が出ると指を曲げられなくなったり日常生活も不自由したりします。ヒルドイドがあれば保湿され痛みが軽減されたりしますが手を洗えば取れてしまったりするので何度も塗り直さなければなりません。制限されてしまうとそれも出来なくなり痛みと痒みに耐えなければならないのです。もう少し違う方法を取っていただけると患者さんが救われます。


■具体的にお聞かせください

化粧下地で使ったり、ただのクリーム代わりで使ったりする人は適用外にしていいと思いますが、本当に必要としてる人は沢山います。アトピーはちゃんとした病気です。ちゃんとした治療を受ける権利があると思います。皮膚が弱い人が多いから肌が荒れているのに市販薬なんかで代用してしまうと、より酷くなってしまいます。もう一度考え直すとまではいかなくてもちゃんとした患者さんの事はなにか対策をとっていただきたいです。(20歳代・女性・北海道在住)

私の子供(11才)は全身アトピーです。
頭皮には保湿ローション、その他身体全体に保湿クリームをフロトピックやアワフラベートの薬を症状を見ながら適量混ぜて使用しています。アトピー は完全に治ることはなく、良くなったり悪くなっ たりを繰り返します。かなり良くなったからと言って保湿剤を辞めると、たちまち悪化してしまいます。(40歳代・女性・山形県在住)

子供が二人いますが、赤ちゃんの時からアトピー性皮膚炎で全身酷い状態でした。ヒルドイドを処方され毎日朝晩2回塗ることで改善されてきて、とても嬉しかったです。
量の制限が出来てからは毎日朝晩全身に塗ることができず
夜だけ塗って節約していますが、やはり状態が悪化してステロイドを使う量が増え服用で全身体毛が濃くなり、毛細血管が浮き出るほど皮膚も薄くなり、とても困っています。


■具体的にお聞かせください

以前なんgm処方されていたかは覚えていませんが、しっかり治療出来る量でした。今は制限され足りずに本当に困っています。一部の美容目的の人達のせいで、子供達が酷い状態なのがとても辛いです。病院側も皮膚の状態を診ればヒルドイドが必要な人、市販の保湿で平気な人が分かるはずです。(40歳代・女性・神奈川県在住)

家の息子は2歳の頃からアトピー性皮膚炎になっていてステロイド剤と保湿クリーム(ヒルドイド)、抗アレルギー錠剤を処方してもらってます。
冬になると保湿クリーム(ヒルドイド)が多めに必要な為、保険適用外になると家計に影響大なので、アトピー性皮膚炎、皮膚難病の人達などには保険で賄えるようにお願いしたいです。
具体的にお聞かせください = 何年か前に肌に良いと美容目的で処方してもらっていた人が急上昇してしまったため、国の保険費用がかさんでしまったとネットニュースで見ましたがアトピー性皮膚炎でずっと苦しんでる人が沢山いる現状をわかって欲しいです。(40歳代・女性・埼玉県在住)

私には子供が2人います!上の子はアトピーで下の子はアレルギーで0歳からヒルドイドにお世話になってます。もし保険適用外になったら本当に困ります!!考え直して下さい。(30歳代・女性・愛知県在住)

幼少時からアトピー性皮膚炎で、1度治りましたが成人してからまた再発。大人になってからのアトピー性皮膚炎は治らない説があるので一生この身体と付き合っていくつもりです。
なので今も月一でかかりつけの皮膚科へ通っているので今でも負担は少ないとは言えません。
その中で全額自己負担となりますと相当な負担になり患者にとってはとても苦しいです。どうにかして欲しいです。(20歳代・女性・北海道在住)

美容目的かなんか知らないが、たいして必要でもない人たちがヒルドイドを求めるからこんなことになったんだと思う。医者なら本当に必要かどうかの判断はできるはず。本当に必要な人には処方すべきです!保険適用外なんて反対です!(20歳代・女性・岡山県在住)

生まれつきのアトピー持ちで、20年以上軟膏や飲み薬を使用しています
最初は関節のみ症状が出ていて、歳を重ねるごとに様々な場所に荒れや乾燥、アトピーの症状が出始めていて軟膏があっという間になくなります。
このまま保険適用外となってくると出費を気にしてしまい、ろくに薬を使うことが出来ず症状が改善されない状態が続くと皮膚にも精神的にも辛いものがあります。(20歳代・女性・北海道在住)

ヒルドイドがあるから保湿ができている。化粧水レベルではアトピーの保湿にらならない
具体的にお聞かせください =
たっぷりつかっても乾いてまた保湿するの繰り返し。ヒルドイドが保険適用外になればなにを使えばいいのかわからない(40歳代・女性・東京都在住)

一時治りかけてきたアトピーは、ヒルドイドを使っていたからです。
それが、処方制限されてしまい、日に日に痒みに襲われる回数も増えました。(10歳代・女性・東京都在住)

アトピー性皮膚炎で苦しんでいる人がいる中で、たかが美容の流行りのせいでヒルドイドが保険適用外になるのは、解決策が間違っているとかそんなレベルではない。
政府に解決策を模索する気概すら感じられない、極めて短絡的で配慮にかけた施策、施策とすら呼べない方法と思う。
アトピー性皮膚炎をきちんと認定された病気にするなど、差別化する制度と、明らかな誤診に対する厳罰が必要と思う。


■具体的にお聞かせください

かつてヒルドイドを処方されていた。
いまはすでにその段階を離れ、ステロイド剤による治療となっているが、
軽度の患者を治癒するには、ヒルドイドの処方が効果的であるのは明らかです。(20歳代・男性・高知県在住)

顔がアトピーで掻きむしって汁が出るほどぐじゅぐじゅだった皮膚が5年前にヒルドイドを使うようになってからとても落ち着き始めました。
そんなヒルドイドが勝手な人たちのせいで保険適用外になるのはものすごく困ります。
アトピーの人たちに人権はないのでしょうか?(20歳代・女性・東京都在住)

美容目的で処方されてるのも使用されてるのも意味がわかりません。医薬品です。それ以外の用途で使われるのは薬物乱用でしょう。
生活に支障が出るし、これ以上健常者たちとの差を広げるのはやめていただきたい。(20歳代・男性・埼玉県在住)

2歳の頃からアトピーを発症し、皮膚科にずっと通っていましたが、保湿剤を出して貰ったことはなく改善しませんでした。16歳の時に自分で調べて違う皮膚科で処方をお願いしたところ、痒くて夜も眠れなかった程のアトピーが、ほぼ完治しました。アトピーというだけで飲み薬やステロイド、朝晩の入浴後の保湿など、経済的に厳しく、美容目的でもなんでもないのに、保湿剤を出してもらえなくなったら自費で買うことになります。苦しい家計がさらに圧迫されると思うと不安です。


■具体的にお聞かせください

引っ越しに伴い病院を変えたところ、一回の処方でビーソフテンローションを2本しか出してくれなかった。2.5日ほどで1本使ってしまうので、1週間持たないこと、前の病院では10本出して貰っていたことを伝えたが処方はされなかった。(20歳代・女性・神奈川県在住)

自分ではなく息子が成人のアトピーです。アトピーであることを受け入れて生きているだけでも、随分精神的に辛いことなのに、追い討ちをかけるような仕打ちとしか思えません。根治しない病気を抱えて生きている人に対して向き合っていただけないことが、何より残念です。痒くて眠れない日々を送りながら一生懸命に生きている人を見放すというのでしょうか?とても残念でなりません。根治しない病気を持つ人にも配慮いただきたいと思います。そして、何よりも保険に該当しない目的で処方する医師への指導を徹底することの方が先ではありませんか?必要な医療を受けられない保険であれば、今回の措置を施したにせよ崩壊すると思います。保険医療の在り方に問題があるのに、それを弱者に向けるなど本当に残念でなりません。保険医療が正しく行われることを祈りたいです。また、生活保護の方に対する考えも正しておかなければ、これから先の日本は誤った考えの方に貪られてしまうことになるのではないでしょうか?保険医療にしても、生活保護にしても本来の目的を果たせているのか見つめ直す必要があるように思います。(50歳代・女性・鹿児島県在住)

私は子供の頃からアトピーが酷く、ヒルドイドは日常の保湿には必須です。今の量ではとても足りません。足りない量は市販薬で賄っています。
医師にはアトピーかそうでないか判断出来ると思いますので、必要な患者には適切な量を処方出来るようにお願い申し上げます。(30歳代・男性・福岡県在住)

アトピー患者ですが、毎日このヒルドイドの処方制限があると正直辛いです。今でも痒みを我慢しながら打ってます。小学生の頃からずっとアトピー経験でしたが、アレグラとヒルドイドが無いと外にも出れません。お医者さんからは毎日付けるようにと言われてます。寝る時もこれが無いと眠れません。毎日毎日痒みに脅かされながら眠れるのも辛い時期もあります。仕事にもこれのせいで今は殆ど出来てません。お願いなので制限だけはやめて欲しいです。生きる糧を失わないで下さい。


■具体的にお聞かせください

一ヶ月100gだったものが50gに制限されたので、現状は毎月50g〜100gしか貰えてません。スプレー状の薬も毎月制限しながら使ってます。正直辛いので市販薬も併用しながら対応してますが、貧窮気味です。毎月毎月の皮膚科だけでもほとんどお金が取られてる様です。生きにくい世の中ですね笑(20歳代・女性・東京都在住)

幼いときからアトピー持ちです
二十歳を過ぎた頃からアトピー性皮膚炎が悪化し
ました。


■具体的にお聞かせください

今現在は飲み薬、保湿をする為にプロペトなど処方してもらってますが
今年の6月頃から ヒスタミン剤 飲み薬が効かなくなりポララミンから始まって いろんな薬を出してもらいましたが
痒みは収まらず 夜‥痒みで起きたりしてゆっくり寝れません‥ 保湿してくれるプロペトは塗ってすぐにすごい痒みがあり‥水で洗うと少し収まる状態です
肌は掻き傷の跡が消えずに長袖を着て夏を過ごしてます
飲み薬が効かなくなるのはよくあることなのですか?(30歳代・女性・東京都在住)

私は幼少期からアトピーで、ヒルドイドには大変お世話になっています。今では軽度のアトピーになりましたが、それでも水に触れる時には手袋をしており、お風呂の時だけでも炎症を起こします。
そんな私にとってヒルドイドは必ず必要な薬であり、美容目的で処方する人のせいで、処方制限されるのは本当に残念です。(20歳代・女性・和歌山県在住)

制限されると体全体に使えないし塗らないと治らないのに塗れないように制限されてる!
結局使っても維持して使えないから少し良くなってもまた悪化しての繰り返し。
前まではある程度使えていたから比較的マシな時が多かったが、最近はずっと調子が悪い
先生が診察してみてプラスでも出せるようにして欲しい。
制限も適量なら問題ないと思うが少なすぎでしょ!
本当に辛いのにここまでされたらどうしたらいいかもわからない。(20歳代・女性・大阪府在住)

皮膚からアレルゲン物質に触れるとアレルギーを起こす、あるいはひどくなるということが分かってきたのに、時代に逆行するのはおかしい。
子供をかかえ何度も病院にはいけない。私自身もアトピーであり、プロアクティブ療法でよくなっているので、これは本当に信じられない。悪用する人に制限をかければよく、全体にかけるのは楽をしたいだけだろう。福祉でなく費用負担すれば過去の通り処方するようにすべき。(30歳代・女性・東京都在住)

私は産まれてからのアトピー持ちでヒルドイドローションを処方してもらい日常生活がなんとか普通に送れる様にまで回復してきた所、処方制限と聞き絶望しています。とてもじゃないけどこの量では全身アトピーの私には到底足りない!1ヶ月分量を処方してもらっても足りず悪化し続けています。ヒルドイドを使えたらアトピーも悪化しないのもわかっているのに使えないのがとても悔しい!私はアトピーなんだ!しっかり処方してもらわないとおかしい!本当に必要な人に薬が届かないそんな状況をいち早く改善して欲しいです。
具体的にお聞かせください = 以前は私の全身にあった量を処方してもらっていたが今は到底足りず…市販を使うと余計にアトピーが悪化するので塗る日と塗らない日とで調節しています。調節にもなってないし、確実に悪化しています。身体も痛いし痒いし精神的にもとても辛い。(30歳代・女性・大阪府在住)

これは地味に、でもしっかり私たちアトピーの人達の皮膚を守ってくれるのです。これがなければ私の手は痒みからの掻き壊しで皮膚がちぎれ、治りかけてはまたちぎれを繰り返します。ものを掴むのも怖いくらいです。本当にこの薬には感謝しかない。皮膚が穴だらけではない、というあたりまえの状態をキープしたいだけです。これが保険適用外になるなら、風邪なんて全部保険適用外になるべきでしょう。完治できない対処療法、どうせ風邪なんて自分の免疫でしか治せないし、そのうち治るのに。


■具体的にお聞かせください

小学生の頃からアトピーに悩まされてきました。主婦になってからは手の湿疹がひどく、薬はもちろん、炊事に手袋、頭のシャンプーも手袋をしたりして保護しても、夏でも冬でもぐちゃぐちゃの手でつらい思いをしていました。ステロイドも使って良くなってはぶりかえしを繰り返すだけで、常にどこがただれていました。でもヒルドイドは毎日つけても副作用が少なく、お風呂上がりに塗るだけで、皮膚が刺激に強くなりただれを起こさなくなりました。
(50歳代・女性・東京都在住)

小児科に受信すると様々な菌が漂っています。それはもちろん仕方の無いことです。当たり前のことです。
薬だけ欲しい場合でも受診しなければなりません。
薬の処方量が減った為に子供たちが風邪菌をもらう確率が上がりました。しかし、たくさん受診しなければ子供たちの肌の状態が酷くなり掻きむしり血が出ます。
可哀想な肌になります。小さな子供を連れての受診も本当に大変です。でも、夜痒がって泣いて起きる子供たちを見る方が嫌です。治してあげたいです。薬に頼りたくない、けれど対処法は今これしかないのです……本当に辛い毎日です。
(30歳代・女性・千葉県在住)

全身アトピーで、保湿剤として使用しております。しかし、制限された1ヶ月で処方される量では足りません。たっぷり使用したいのに、節約しながら使用しています。体がつらいです。アトピー患者さんへは制限なく薬を処方して頂きたいです。
(30歳代・女性・京都府在住)

アトピーで市販の保湿剤を何個か試してみましたがどれも乾燥が改善されず乾燥で掻きむしってしまうアトピーが悪化するの悪循環でした。唯一乾燥を防げるのがヒルロイドです。ところが一度に2〜3本しか処方してくれない皮膚科さんが多く全身に塗らないといられないので2〜3本では1ヶ月待ちません。こちらも仕事があり月に何回も皮膚科に行く時間を取れません。どこの皮膚科に行ってもせめて1ヶ月はヒルロイドが持つ様処方のあり方を変えて頂きたいです。
美容目的で使う人が居ることが問題となっている様ですが、果たして医師の方は美容目的かそうではないかわからないものなのでしょうか?
本当に必要としてる人の為にも美容目的で使う方のみを取り締まれる対策が出ることを願っています。
(20歳代・女性・神奈川県在住)

私も夫もアトピー性皮膚炎のため、11カ月前の息子も生まれたときから市販のローションで保湿をしていましたが、生後3カ月ほどでアトピー性皮膚炎になってしまいました。1日2回全身にヒルドイドソフトを塗布していますが、たっぷり塗るように言われているのに処方制限があるのには納得がいきません。病気で必要な人には必要量処方してほしいです。
(30歳代・女性・北海道在住)

厚労省が適用皮膚疾患(アトピーや乾癬など)を決めて、それ以外の患者は保険適用外にすればいいんですよ!
乾燥して皮膚が痒くなる位の人はどれだけでもいるので、皮膚科医が皮膚疾患と認めれない人は実費もしくは市販の保湿剤使ってもらうようにしてもらいたい。
40歳代・男性・岐阜県在住)

中学生の子供が乾燥肌andアトピーです。
200gで全身、とてもじゃないですけど足りません。
バスケをしていて練習後汗を流したら保湿しないといけませんし、これからプールの時期なのでプール後も保湿が必須です。美容目的か治療かは医者なら分かるはずです。
本当に必要な人に制限かけないでください。
(30歳代・女性・大阪府在住)

子供の頃からひどいアトピーで、保湿剤とステロイドが必要不可欠でした。何十年もそんな生活を続けてきましたが、1年前にそれまで使っていたヒルドイドやビーソフテンをやめ、ヘパリン類似物質外用泡スプレーという薬に変えたところ、劇的に改善し、ついにステロイドが全く不要になるまでに改善しました。一生治らないと思っていたアトピーが、ついに治ったのです。ですが、今でも油断して薬を塗り忘れると、たちまち全身がひどく痒くなります。毎日忘れず塗っていると、嘘のように痒みが治まります。これさえあれば今の私にはもはやステロイドは不要なのですが、他の外用剤や抗ヒスタミン剤と一緒の処方でなければ保険から除外されるかもしれないというのを読み、愕然としました。もしそのようなことになれば、保湿剤だけでコントロールできるところまで改善している患者は、保険で保湿剤をもらえなくなるのでしょうか?それとも、保湿剤を保険適応にしてもらうためだけに必要の無いステロイドを無駄に処方してもらい、ステロイドは使わず廃棄するのでしょうか?あまりに理解不能な見解です。
(40歳代・女性・京都府在住)

アトピーまではいきませんが、赤ちゃんの時から処方してもらってました。痒いときは自分からクリームぬってと言っていた位でした。生駒市に転居してから新しい皮膚科にいったらヒルドイドは処方できないと言われ、夜中に目が覚めた時に痒くて掻いている状況をみて可哀想に思います。


■具体的にお聞かせください

名古屋の皮膚科では普通に処方してくれたのに、転居して奈良県生駒市の皮膚科に行ったら全く処方してくれない。薬局で症状を状況を話していたら薬剤師もヒルドイドがいいと言っている。かゆみを訴えているのに飲み薬だけで対応しろとは許しがたい。
(0歳代・男性・奈良県在住)

薬が切れると悪化して日常生活にも支障がでる。
(20歳代・男性・三重県在住)

アトピーを発症して34年になります。最近とても悪化して非常に体が乾燥するようになりました。
それに応じてヒルドイドの処方を増やして貰おうと思ったのですが、一ヶ月で25g×8本=200gが限度と言われてしまって驚きました。
これ以上は処方できないので薬局で各自購入してくださいとの事です。多くの保湿剤を試してヒルドイドに行き着いた自分としては非常につらい宣告でしたので、処方制限の撤廃または緩和を求めます。
(30歳代・男性・大阪府在住)

アトピーと乾燥肌持ちです。毎日痒みと乾燥肌で悩まされストレスが溜まりながらも日々仕事をしたりと過ごしています。仕事が休みの日に皮膚科に行っても同じ苦しみを持つ患者さんが多く毎回診察まで長時間待つのもストレスで苦になります。処方制限が無くなれば、皮膚科に行く回数も減り診察を待つ患者さんも少なくなりアトピー患者の負担が減ります。むしろビーソフテンの保湿クリームだけでも一般薬局で購入出来るようにしていただきたいぐらいです。この苦しみは本当に患者にしか分からない。少しでも早く改善をしていただきたいです。


■具体的にお聞かせください

足りない分は一般的な薬局やネット通販などで自分に合う保湿剤をなんとか探し購入しているが、出費費用が多く本当に困っています。ですが購入しないと肌の痒みと苦しみに襲われ仕事や休日などまともに外出も出来ないし、肌の乾燥が表面に出ると長袖やマスクをしての外出でストレスが本当に溜まります。
(20歳代・男性・神奈川県在住)

3歳の娘が生後まもなくからアトピーで保湿剤を使用しております。
保湿剤を1日2回塗布しており処方の制限がかかってから、以前より少ない量を広範囲に塗るようにしておりますが毎回たりなくなり肌が乾燥しやすく悪化しました。
通院の頻度も多くなってしまい、時間を作るのも難しい現状です。
本当に必要な人までに制限がかかってしまい、大変困っております。
(30歳代・女性・東京都在住)

娘と孫娘がアトピー性皮膚炎でずっと皮膚科にかかっています。娘がアトピー性皮膚炎を発症したのが2歳でした。それ以来ずっと皮膚科のお世話になっています。ここ10年ほどはヒルロイドでずいぶんと しのぎやすく なってきたと言ってます。孫もそうなので、ヒルロイドの使用を制限されたら本当に困ってしまいます。皮膚科にかかっている患者には、医師が必要と認めてるのですから制限など絶対にしないでいただきたいです。あんまりです!
60歳代・女性・東京都在住)

制限されてしまったら、困ります。
私はまだ軽度の方だと思いますが、軽度でも、アトピーは辛いものです。
必要な人には、制限せずに出して欲しいです。
3年ぐらい前から、突然アトピーになってしまいました。
最初は、目の横だったので、皮膚科に行き、すぐ治るだろう。ぐらいに思っていました。 
所が、そこから、体に出て、腕に出て、今は手の甲と手のひらの方まで出ています。
病院に行くと必ずステロイドを出される為、あまりステロイドは使いたくなくて、非ステロイド薬(市販)と保湿剤で頑張ってみるものの、結局悪化してまた、病院への繰り返しです。
(40歳代・女性・埼玉県在住)

お薬を必要としている患者に十分量の薬を届けることが国民皆保険の原則である。早期に改善を求めたい。
(50歳代・男性・兵庫県在住)

アトピーの人はただでさえ苦痛と隣り合わせで生活しながら生きてます。美容目的で使用するのとは訳が違います。
それがないと生活保護しにくくなるんです。使用量は体格や症状の範囲、添付回数によって人それぞれです。
どれだけの方が困っているか分からないのでしょうか?
一刻も早く処方制限をなくして下さい!
皮膚科はアトピー患者がいなければ潰れてしまいますよ!


■具体的にお聞かせください

アトピーと診断されて約30年になります。
ステロイドをなるべく使わないように保湿のためにビーソフテンやヒルロイドをもらっていましたが、規定があり、一ヶ月もらう処方では足りない為、病院にも仕事が重なったりで行けないため市販の保湿剤を探してますが肌に合うものが中々なく、悪化してしまいます。一刻も早く処方制限をなくして下さい!
(30歳代・女性・兵庫県在住)

私は子供の時からアトピー性皮膚炎で16歳になった今でも四股が痒くてヒルドイドを貰いたくて皮膚科に行くのですがヒルドイドくださいと言ってもなかなかくれません。ヒルドイドと似ている成分のを貰うのですがやはりヒルドイドがよく効くのでヒルドイドが欲しいです。
昔に比べてヒルドイドの入手は困難なのでしょうか?
(10歳代・女性・新潟県在住)

必要な人にまで制限がでると本当に困ります。
(30歳代・女性・富山県在住)

はじめまして、このような意見を聞いていただき、ありがとうございます。
私はアトピー性皮膚炎ではないのですが、乾燥肌で、すねなどに湿疹ができる体質です(特に冬場)。ステロイドの外用剤は有効で良い薬ですが、必要以上には使いたくありません。湿疹ができる前にヒルドイド等のヘパリン類似物質製剤のローションなどで保湿しておけば、ステロイドをあまり使用しなくて済んでいました。それなのに、医師がヘパリンを処方したがらない状態になっていて、結局ステロイドを多用することになります。
アトピー性皮膚炎やその他の疾患で苦しんでいる方に良い治療法が行き渡りますよう、願っています。活動に賛成します。頑張ってください!
(30歳代・男性・東京都在住)

アトピーの6歳の子供が使用しています。生後間もなくからヒルドイドを使用していますが、体が大きくなるにつれ、処方の量が少なく感じられてきましたが、仕方がなく薄く塗っています。で、荒れたらステロイドを。先生からはしっかり塗るようにと言われましたが、ヒルドイドが足りないという矛盾があります。ずっと診てもらっている小児科で処方してもらっているのですが、頻繁に通院する必要があるので、感染症の心配があります。本当に必要な人には必要な量を処方してほしいです。
(30歳代・女性・新潟県在住)

5歳の息子が定期的に処方してもらっています。5月に受診したところ、たまたま先月に受診ができなかったことから、医者に「1カ月に1回受診していないと100グラム(これまでの処方量)は出せない、50グラムにする」と一方的に言われてしまいました。「なら、この50グラムがなくなったら処方してくれますか?」と聞いたら、それはダメと言われました(再度受診した方が診察費がかかるので医療費削減にも逆行しませんか?)。必要な人に必要な処方をすべきところが、おかしなことになっていると思います。理不尽な処方制限ではなく、必要な人に必要な処方をお願いいたします。
(40歳代・女性・東京都在住)

4歳の息子が、赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎で、ヒルドイドを処方して頂いていました。今、ヒルドイドとレスタミンを1:1で混ぜたものをひと月の上限の最大量、あとはその上から、部分的にエクラー軟膏、それと、アレルギーの飲み薬を処方して頂いています。
現状として、その量を1か月もたせるために逆算して1日の量を決めるので、夏場や冬場など酷くなって頻繁に塗りたい時期は、1回に塗ることのできる量が減ってきます。月末に薬が足りず、塗ることができない日の夜は、一晩中かきむしり、掻き壊して出血、結果、治りが悪く、むしろ悪化したりで、ずっとアトピーで痒い状態のままです。ステロイドもだらだらと塗り続けることになります。
本当に足りません。本当に困っています。子供の将来が心配です。
(20歳代・女性・埼玉県在住)

9歳アトピー体質ですが、全身の保湿を朝晩しっかりすれば、かゆみや湿疹はおさまり、きれいな肌をキープできます。保湿剤は、皮膚科で数種類処方されましたが、ビーソフテンクリームが一番肌にあうことがわかりました。ただ、朝晩全身に塗ると、2日で25g1本なくなります。一ヶ月100g制限はあまりにも少ない、、、
(0歳代・男性・大阪府在住)

 2歳10ヶ月の息子ですが、生後半年ごろから顔の周りや体が赤くなったりして、病院で診察をしてもらいそこから毎日のようにヒルドイドソフトを塗っています。
塗らないとカサカサになったりし、毎日欠かせないものです。その薬だけが息子にはあっているため制限されると困ってしまいます。
(0歳代・男性・大阪府在住)

私は昔からアトピー体質で身体中に湿疹が出たりしています。ヘパリン類似物製剤の制限があるせいで治るものも治らず困っています。
夏場は露出が多くなりますが肌が汚くて恥ずかしいくらいです美容目的ではないので薬を使わせた欲しい。
(20歳代・女性・愛知県在住)

小学生の頃から使っていましたが、美容目的で使っている方の所為で一度に処方される量が制限されてしまい、終いには違う薬が処方されるようになりました。
制限された時には皮膚科に行かねばならない頻度が高くなり困りましたし、処方されなくなってからはヒルドイドよりも効くものに出会えず、どちらにせよ困っています。
正規の理由で処方を受けていた我々は、美容目的での利用をしていた・推奨した方々に憤りを感じています。
(10歳代・女性・岡山県在住)

2歳でアトピー性皮膚炎の息子がいます。1日2回全身にヒルドイドソフトを塗布しています。処方制限がでてしまい、何度も遠い病院に通院しています。病気で必要な人には必要量処方してほしいです。
(30歳代・女性・ 東京都在住)

2歳になる息子が生後2ヶ月頃から皮膚が剥離するほどのひどい乾燥で市販の保湿剤が全く効果がなく、皮膚科を受診しました。以降ずっとヒルドイドの後発薬を全身に塗り、湿疹が出た箇所にはステロイドを併用しています。保湿を続けてもやはり耳や肘膝の裏側や足首などに湿疹が出てはステロイドで抑える状態で、2歳にアトピーと診断されました。このまま治療を続け将来症状が落ち着くように頑張りましょうと言われ、月に1回の通院をしています。受診日が近づいた時に体調を崩すこともあり、処方に制限ができると更にそういったケースも増えます。小さい子を連れて長時間待つのも大変です。上限ができてしまうと必ず悪化してしまうでしょう。制限は美容目的の方だけになるように配慮をお願いしたいです。
(30歳代・女性・北海道在住)

もうすぐ4歳になる娘がアトピーです。
内服薬、ステロイド外用剤、プロトピックなども併用しながらスキンコンディションを何とか保ってきましたが、保険適用の処方量に制限がかかってから、症状は見事に悪化しました。
主治医の小児科医と小児皮膚科医にも、保湿が足りていないねと残念そうに言われました。
制限がかかってから、苦肉の策でプロペトとヒルドイドの混合剤で量を確保してますが…それは我が子にとってベストな保湿剤では無いのです。
ステロイドのランクが下がらず、使用頻度も減らない。
四肢だけだった皮膚炎が、今では頭皮からつま先まで出るところが広くなり…もううんざりです。
(40歳代・女性・千葉県在住)

長年のアトピーに悩まされている者です。
常に身体が痒かったり乾燥が酷い為、ヒルドイドは欠かせません、全身に仕様する為とてもじゃないですが、処方される量では足りず医師にお願いしても制限がある為、規定量しか出せないとの事で、泣く泣く市販のボディークリームなどを間に合わせに仕様していました。
ですが、身体に合わず紅皮症になってしまい今は、身体全身が大変な状態になってしまいました。何の為に病院に通っているのか分からなくなってしまいました。
個人個人に必要な量を処方して欲しいです。
(40歳代・女性・大阪府在住)

3歳のこどもと私が、生まれた時からアトピーです。長年ヒルドイドとステロイドを処方してもらい頭から足の先まで全身に使用していました。
しかし、ヒルドイドの処方が制限され、親子揃って全身には使用できなくなりました。保湿が充分に出来ず痒みが我慢できなく掻いてアトピーが悪化しステロイドで治療したり、市販の保湿剤を試して肌に合わずアトピーを悪化させてステロイドを使うの繰り返しです。市販のヒルドイドもありますが、全身に使用するには金銭的に難しいです。自分たちに合う保湿剤があるのに充分に使用できない為、ステロイド剤の処方や使用が増えてしまっている感じがします。
ステロイド剤とは上手に付き合って、極力使用しないで過ごしたいと思っているのですが、ヒルドイドの処方制限があるとそれも難しいです。
アトピーは見た目ですぐに悪化がわかるものなので、悪化した時の気分の落ち込みもあり、それがストレスになります。
早く必要な患者に必要な量が処方されるようにしてもらいたいです。
(30歳代・女性・千葉県在住)

3歳になる娘がアトピーです。
1日2回全身にたっぷり塗る様に指導されてますが、200gまでの規制があると言われました。ロコイドとプロペトを混ぜたものも処方されていますが、極力使わない様に言われています。
体も大きくなり、200gでは足りません。
使用量目安がメーカーに買いてあるのだから、医師か薬剤師が処方量が適正か判断出来るはずです。
(40歳代・女性・宮城県在住)

息子3歳、娘1歳、私と3人でアトピーのため皮膚科に通っています。ヒルドイドを出して頂く量に制限が出てから、上限いっぱい出して頂いても、月1回だった通院が月2回となり、小さな子供を二人連れての月二回の通院は苦労しています。ないと生活のできない人がなぜがまんしなければならないのか…
(30歳代・女性・岐阜県在住)

3歳の子どもがアトピーでずっと全身ヒルドイドクリームの保湿が欠かせません。
都内から越してきて知りましたが、埼玉県ではすでに処方量に制限があると言われました。
仕方がないので1時間かけて都内の病院に通っています。住んでいる場所で制限など、不平等がでていいのですか?
さらに都内の病院でも、市販のもので代替できるものを探してください、と言われています。
体が大きくなると処方できる量では足りないとのことです。
色々と試していますが、刺激があったり悪化してはステロイドで治し、ヒルドイドで落ち着かせる状況です。
日本国憲法では、最低限の文化的な生活ができる権利が明記されています。
かゆみで全身かきむしりながら、文化的な生活が送れるでしょうか?
美容目的の情報拡散した方、使用している方、今すぐにやめていただきたいです。
(30歳代・女性・埼玉県在住)

アトピー性皮膚炎の2歳9ヶ月の娘は2年前からヒルドイドソフト軟膏を毎日使用しています。現在は総合病院にかかっているため2ヶ月に一度上限いっぱいまで処方してもらえていますが、転院しなければならず、近隣の小児科ではその1/4ほどしか処方してもらえないため大変困っています。
1、2週間に一度病院に行くことはできませんので、大人子供に関わらずアトピー性皮膚炎と診断されている人には、必要量を処方してもらいたいです。
(30歳代・女性・神奈川県在住)

患者さんの声 = リンパ腺の病気で発疹を抑えるため処方していただいてます。皮膚の容体はアトピーに似ています。強い痒み・乾燥するとすぐに発疹が破れ出血します。定期的に抗癌剤治療をしていますがヒルロイドのおかげで保湿でき症状を和らげることができています。アトピーで苦しむ小さなお子様をお持ちの親御さん・アトピー患者ご本人さまなど日々の治療や予防、悪化を防ぐための手段のひとつであるヒルロイドはアンチエイジングのための薬品ではありません。若返りたいなら食事や日々の生活に気を配り自己管理してくださいと言いたいです。
(50歳代・女性・北海道在住)

私はあまり重症ではありませんが、アトピー性皮膚炎で定期的に通院してヒルロイドを処方してもらっています。ここで他の方の声を拝見して自分よりも沢山の量のヒルロイドを必要としている方がいるのだと知り、必要な人には必要量処方されたらいいのに、と思いました。程度の差はあれどヒルロイドが処方されないことによって辛い思いをする方が減って欲しいです。
(20歳代・女性・栃木県在住)

8ヶ月の子供がアトピーで、この保湿剤とステロイドの併用でみるみるうちに回復いたしました。
一部の自らの利益や美容の為に他人の迷惑を顧みない人々のせいで制限がかかるのはあまりにも馬鹿らしいと思いますが、そんな人には何を言っても無駄なのかもしれません。それならば、せめて所得の低い人や、患者の年齢によっては制限なく処方するべきだと思います。
もしくは、転売や美容目的の人たちにはなんらかの罰則をつけてもいいと思います。
1日2度の塗布で、患者の体重から必要量も割り出せると思います。本当に困っている人の為の保険であり、保険料です。この議論を巻き起こすに至った人々には猛省を促したい。
(30歳代・男性・兵庫県在住)

0歳の娘がアトピーです。ヒルドイドがないと、かきむしり、出血します。
上限が決まってしまってから、全く足りず、市販の薬も試しましたが全然効きません。なぜ本当に必要な人にまで上限がかかるのでしょうか。早急に改善して頂きたいです。
(30歳代・女性・東京都在住)

月に一回診察でヒルドイドクリームを上限の300g処方してもらっています。体格が大きいので毎日必要量を塗布すると、毎月ギリギリの量です。医師からは「節約せずにたっぷり塗るように」と言われていますが、実際の処方は300gなので矛盾していると思います。治療に悪影響がでれば結局医療費は上がってしまうので、おかしな制度です。
(30歳代・男性・京都府在住)

アトピーは綺麗に治ったとも言われますが、冬場だったり疲労が溜まったりすると肌がひび割れてきたり。冬場は特に色々工夫したとしても酷くて仕事の都合で毎月通ったりするのもしんどくかなり厳しい現状です。美容目的に使う方は別で対処してもらえるといいのですが、これが小さい子だったりすると特に困ると思います。
(20歳代・女性・福岡県在住)

アトピーで全身に使うためとても困っています。改善求めます。
(0歳代・女性・神奈川県在住)

僕はアトピー性皮膚炎で全身にヒルドイド塗ってましたが、病院で貰える本数が激減して非常に困ってます。
身体も大きいので必要量が全く足りず、痒くて痒くて死にたいぐらいです。美容目的で使っている人の為に本当に必要な人が使えないのは非常にに辛いです。一日も早く改善して欲しいです。一日中痒くて学校の授業にも集中できず、イライラが募ります。鬱になりそうです。
(10歳代・男性・大阪府在住)

小さな頃からアトピー だったが大人になってから再発。
皮膚科でステロイドと飲み薬とヒルドロイド使用してやっと少し治ってきたが、保険効かなくなるとか処方量制限があると、凄く困ります。埼玉県は量制限がありケチって使うのが辛いです。
(20歳代・女性・埼玉県在住)

小さい頃からずっとアトピーで、ステロイド系も使用するほど症状は酷いです。一年中常に保湿の為にヒルドイド系を使用しなければいけない状況です。乾燥すると痒みもひどくなり、外へ出れないこともあります。埼玉県では制限が厳しいということでギリギリの量をワセリンを混ぜて増やしごまかして使っています。アトピーの長年に渡る通院歴があっても、美容目的の人と同列に扱われるのは納得出来ません。(20歳代・女性・埼玉県在住)

2歳の子供が乾燥肌で毎日2回全身にヒルドイドをたっぷり塗り込むように医師から言われるのですが、それをしようとすると処方制限の量では子供の体でも1ヶ月ギリギリで、毎月病院に行かなくてはなりません。シングルマザーなので大変です!
ぜひ改善を求めます。(40歳代・女性・大阪府在住)

皮膚炎に何年も悩まされ、合う化粧品もなく、ヒルドイドがなければ生活に支障をきたします。
また、勤務上、病院にも中々行けないのに、数量制限されて本当八方塞がりな気持ちです。
ルールの定め方どうにかならないのでしょうか。本当迷惑してます。
(30歳代・女性・東京都在住)

私も3歳と1歳の子供もアトピーです。保湿剤をもらいに毎月通っています。この保湿剤がないと生きていけません。本当に必要な人がなぜ我慢しなくてはいけないのかわかりません。改善を求めます!(30歳代・女性・岐阜県在住)

アトピー肌です。全身にヒルドイドを使うと、一か月の上限の量だけでは全く足りず、本当に困っています。そんなくだらない規定のせいで、私たちみたいに本当に困っていて、とても辛い思いをしている方が増えているのが現状です。治したいから病院に行くのに、治してもらえないというのは、理不尽じゃないですか?そんな日本でいいのですか?私たちに全然優しくはありませんよね。心から、その規定をなくして頂きたいと願っています。どうにかしてください。(30歳代・女性・静岡県在住)

美容で使うのはやめてほしい。アトピーで苦しんでる自分にとって、保湿をすることで、少しでも、ステロイドの使用を減らしたいから。(40歳代・男性・愛知県在住)

私は幼いころからアトピーでアレルギー薬とステロイドとヒルドイドはセットで処方していただいています。ですが、大阪府ではヒルドイドが150gの制限がかかってしまい困っています。ヒルロイドはステロイドより広範囲に毎日使うものなので足りないのです。お医者様が患者に本当に必要かどうか診察してれば制限なんて必要ないのに。
(30歳代・女性・大阪府在住)

0歳の頃からアトピーが酷くて今もヒルドイドを処方して貰っててヒルドイドがない時市販等の保湿クリームを試してもどれも効かずヒルドイド以外のだとヒリヒリしたり痛みも出ます。美容目的で使用されて制限掛かると知った時絶望しかなかったです。私みたいにヒルドイド以外は合わない人とかは逆にどうすればいいのか教えて欲しいです。アトピーがどれだけ辛いか分かって欲しいです。美容目的で使用されてる方々にも困ってる人が大勢いる事を知ってもらいたいです。
(20歳代・女性・埼玉県在住)

生後2ヶ月になる子供がアトピー性皮膚炎でヒルドイド処方されていますが月に8本までしか出せないと先生から教わりました。全身に朝、晩、塗布しなくてはならなく1本1、2日でなくなるペースで全然足りません。代わりにプロペトを処方されましたが翌朝の湿疹のでかたが全然違います。痛々しい我が子が可哀想で仕方ないです。制限ではなくきちんと量を先生と相談し本当に必要な人には処方してほしいです。(30歳代・女性・兵庫県在住)

保険適用外となってしまうのが一番支障となります。アトピー性皮膚炎の患者さんは、処方される塗り薬だけでは治療が出来ません。掻きむしるのを少しでも防ぐ為に、ガーゼや包帯、サージカルテープや保護手袋などの出費もあります。酷い方は、ボディーソープやハンドソープといった物も特別な物を使います。どうか、経済的負担をこれ以上増やさないで頂きたいです。
(10歳代・女性・愛知県在住)

酷い時にはステロイドを、普段は保湿のためにヘパリンを。症状や体格によって必要な量というのは状況にもよりますし人それぞれ違います。過剰な量はいけませんがそれは皮膚科医師が決める事なので制限などそもそも必要ありません。(40歳代・男性・千葉県在住)

アトピー性皮膚炎のため年中乾燥がひどく小さい頃から十数年ずっとヒルドイドを使用しています。
アトピーは薬を塗ってすぐに治る簡単なものではないです。長期で治療する必要があり処方の制限と保険が効かなくなると本当に必要な人がとても困ります。もちろん最近話題になっているように美容目的で使うのは良くないのでなんらかの対処は必要です、私もそれについては賛成です。しかし本来処方されるべき私たちにまで制限の対象になるのは納得いきません。
アトピーがどれほど日常生活に支障をきたすのかを理解して欲しいです。(10歳代・女性・富山県在住)

ヒルドイドはアトピー性皮膚炎の症状を管理する上で必需品です。処方制限がかかれば医者にかかる回数が増すことで医療費も増え、今以上に負担が増すこととなります。 (20歳代・女性・東京都在住)

幼い頃からアトピー性皮膚炎でヒルドイドを使用しています。忙しくて病院に行けないなどでヒルドイドがなくなったときはすぐに乾燥と痒みがひどくなり症状が悪化してしまいます。ヒルドイドだけでなくステロイドや抗ヒスタミン剤も使用していますが特にヒルドイドが重要でヒルドイドを使用できなくなるとこれからどうして良いかわかりません。また僕のみならずアトピー性皮膚炎に苦しむ人はこの国に何百万人とおり、アトピー性皮膚炎の患者さんだけでなくそれ以外の疾患でヒルドイドを使用しなければいけない患者さんまで経済的、身体的に害を被るためヒルドイドの処方をこれまで通りお願いします。(20歳代・男性・高知県在住)

ステロイドと一緒に使っています。
美容目的で使っている方がいて残念より羨ましいです。
こちらはあくまで『治療』として使わせてもらっています。『美容』に使える肌がありとても羨ましいです。 (20歳代・女性・埼玉県在住)

私は重症アトピー性皮膚炎です。必要な人にも制限が。辛い
(20歳代・女性・愛媛県在住)

40代になって、アトピー 性皮膚炎になりました。
肌に良いと言われる綿素材の肌着を使っても、痒さに悩まされています。
ヒルドイドを使うことにより、肌がしっとりとし、保湿されていることを実感します。 
この保湿こそがアトピー 患者に必要なものです。
ヒルドイドが使えなくなっては、肌の痒みを押さえられず、肌をかきむしることになりかねません。
犠牲に反対します。(40歳代・女性・東京都在住)

ヒルドイドは自費でも良いと思います。
ひどい肌荒れになっても、なかなか処方してもらえず、医師の指示で市販の保湿剤とステロイドを使用していたら症状が悪化してしまい更に強いステロイドで治療する事になってしまいました。ヒルドイドを自費で買ってでも使いたい方は多いのではないでしょうか (40歳代・女性・神奈川県在住)

1歳の息子は最後3ヶ月から頭から全身ひどいアトピーでした。今はヒルドイドの保湿の日とステロイドを使う日で分けて治療しています。2ヶ月に1度の定期診察で、ヒルドイドの制限に大変困っています。月々、症状によって使う量はさまざまなので、多めにヒルドイドを貰いたいのに、いつも足りなくなってしまっています。本当に必要な人には制限などなく、処方してほしいです。 (20歳代・女性・大阪府在住)

調子が良い時には保湿のみにシフトしています。
本当に必要としている人への負担を増やさないでほしいです。
アトピー性皮膚炎は日常生活にも影響がある病気だと、きちんと理解していただきたい。 
(30歳代・女性・東京都在住)

現在埼玉県では子供のアトピー治療に必要なヒルドイドが150gしか処方していただけません。
その為、不足分を自費で購入する形で治療しておりますが、一体何の為の子ども医療費支給制度なのか、何故治療の柱となる保湿剤を自費で購入しなければならないのか、大きな憤りを感じます。(50歳代・女性・埼玉県在住)

数年前に仕事のストレスからアトピーを発症しました。
敏感肌用と謳われている物であっても、市販の化粧水などは痛くて、使えるものはありません。
病院で処方されるヘパリン類似物質製剤だけが頼りです。
処方制限については慎重に検討していただきたいです。(30歳代・女性・大阪府在住)

そもそも、ヒルドイドが市販されていないことに問題の本質があうように思います。ヒルドイドのような発売後長期間にわたって安全に使われている薬が、なぜ市販されてないのか不思議でしょーがないです。
是非、普通に薬局での購入可能になるよう、活動して下さい。 (50歳代・女性・兵庫県在住)

先日病院で前回出したヒルロイド分を数えて今回私が希望する数は出せないと言われました。全身に毎日塗ると先生がおっしゃる数ではとうてい足りないと伝えると、残りは実費になりますよ、と言われました。市販の保湿剤は腐るほど試しましたが、すぐに乾燥してしまいます。アレルギー薬を毎日飲んで、ヒルロイドを塗り酷いところはステロイドを塗る。今それでなんとか全身酷くならずに済んでいる状態なのに…これからどうしようかと途方に暮れています。美容目的な人に言いたいです!貴方が思っている程ヒルロイドで綺麗にはなりません!
本当に必要な人に個数制限して状態を悪化させる日本の医療とは何なんでしょうか?(40歳代・女性・大阪府在住)

小さい頃からアトピーで保湿剤をもらってきました。特に乾燥の時期はヒルドイドがないと辛いです。ヒルドイドはローションタイプや軟膏など使ってますが美容目的で使う方が増えて実際に困っている人が制限されるのは困ります。使用制限があるのか分かりませんが問題になっているのでもっと出してくださいとも言いにくいです。大事に使ってます。 (20歳代・女性・埼玉県在住)

私はアトピーでもヒルドイド処方をしてもらったこともないのですが、母が免疫系の病気にかかり、アトピーが再発してしまったので他人事とは思えません。美容目的で過剰に処方してもらう方々のせいで、実際にアトピーやひどい乾燥でお困りな方々が処方制限や保険適用されなくなるのは反対です。私自身ひどいアレルギーで薬がないと日常生活もまともに送れない身なので、日常生活を普通に送るための薬が保険適用外になると非常に困ります。
何故、必要のない方々に過剰処方したツケが本当に必要としている方々にまわってくるのか…腹立たしいですね。(20歳代・女性・広島県在住)

私は産まれた時からアトピーでした。ストレスや環境の変化のせいで悪化するので、ヒルドイドを含めステロイド剤には頻繁にお世話になっています。アトピー患者にとってヒルドイドを含めステロイド剤は必要です。(10歳代・女性・広島県在住)

明らかに、「美容目的で処方してもらい、使用しているという事実を確認できた」なら、そのひとたちに保険でカバーした分を請求するほうが現実的だと思います。そうしないと、これからも、本来の保険の目的、意味がなくなるきがします。(40歳代・男性・在住)

病院で処方してもらいにくくなり、本当に困っています。
これがないと、乾燥で身体がかゆいのに、、、(20歳代・女性・東京都在住)

小さいころからアトピーを患っており、ヒルドイドに助けられたことが多々あります。 
美容目的で使用する人たちと、ヒルドイドを本当に必要とする人たちを一緒にしないでください。
アトピーの人の辛さを理解して、正しい判断をしてもらいたいです。
(10歳代・男性・東京都在住)

アトピー性皮膚炎でステロイド剤と一緒に処方してもらってます。長年悩んでやっと効くものに出会えたのに、制限はあんまりです。美容目的のめだけに処方されているとテレビで放送されており、このような事になっているのを知りました。アトピー患者にも処方してもらえないのではと不安です。(20歳代・女性・神奈川県在住)

私は、アトピーでヒルドイドを使って状態が安定しています
処方に制限を加えないでほしいです(20歳代・男性・山形県在住)

幼稚園から小学生の頃までアトピーでした。中学生から大学生の頃は症状が出てなかったのですが、就職してからストレスのせいかアトピーが再発しました。
乾燥する時期はヒルドイドのお世話になってます。処方制限により一番被害を受けるのは、ヒルドイドを本当に必要としている人達です。
本当に必要としている人達には今まで通り処方していただきたいです。
(20歳代・男性・福岡県在住)

ヒルドイドはアトピー患者にとって今まで当たり前に使用してきたものであり、私自身も日常的に使用してきました。使用しているときと、していない時では確実な差があります。
保険適用外になると困る人が多く居るのは明白だと思っています。
アトピーが如何に日常生活の弊害となっているかを知り理解を示して頂たい。(20歳代・男性・北海道在住)

アトピーのため埼玉県の制限200gではたりず宮城県の北仙台付近の皮膚科まで通っています
宮城県の皮膚科でも1ヶ月400g以上ないと足りませんといわれます。引っ越しすることはできないし埼玉県でも処方してもらえると大変助かります!なぜ一番必要としてる人がもらえないのかわかりません。(30歳代・女性・埼玉県在住)

現在、ヒルドイド(軟膏、ローション、スプレー)を使用しています。
指の爪が弱く回りの皮膚が乾燥してしまうためハンドクリームとして軟膏を使用
アトピーでローションとスプレーは使用をしています。
先生からは毎日、数回は使用するように指示が出ており使わないと背中に湿疹が出来る程です。
赤くなるだけなら良いのですが他、ステロイド軟膏や錠剤までも使用する事もあるのでそういった方には制限なしなどの考慮をして頂きたいですね。
化粧品として使用している方は自費になっても構いませんが、きちんと疾患等ある方への制限は悪化の原因にも繋がるので個人的には何とかしてほしいものです。(20歳代・女性・神奈川県在住)

子供の頃からアトピーでいろんなステロイド剤、保湿剤、化粧水、ローションなどを試し、かゆみ、ブツブツなどに悩まされていました。ある日プロトピックとヒルドイドローションと出会い、それを使い出してから、長年悩まされていたアトピーの症状がほとんど気にならない程度になり、安心していたのですが、今回の制限で処方していただけなくなり、本当に困っています。
ヒルドイドローションの処方をお願いしても、ほかの市販ローションを勧められます。ほかみんな試してダメだから、ヒルドイドローションがほしいのに、、。
本当に困っています。アトピーやアトピー疑いの人には制限なしで処方してください!当たり前のことだと思います。(30歳代・女性・山梨県在住)

小さい頃から40歳の現在までアトピー性皮膚炎です。
数年前からやっと症状が落ちつきましたが、油断して乾燥対策を怠ると、痒みがでて、ステロイドのお世話になってしまいます。乾燥対策もたくさんの市販品を安いものから高いものまで試しましたが、結局ヒルドイドにもどります。私たちアトピー性皮膚炎は本当にヒルドイドを必要とし、それがないと悪化してしまうことがあります。お医者さんに毎月毎月通って、皮膚の病気と戦っています。
そもそも美容目的とわかっていながら、乾燥する、というだけで処方していた医師のせいではないのでしょうか。
なぜそこに本当に必要としている患者に対して量の制限が設けなければいけないのでしょうか。
毎日全身に塗れば制限されている本数なんてあっというまです。
本当に必要としている人のことも考えてください。(40歳代・女性・大阪府在住)

息子4歳がアトピーです。
生まれたころから肌荒れが酷く、ステロイドと併用していました。ヒルロイドはかゆみもなく、肌荒れにもならないので安心して使用していました。
昨日、病院に行ったところ、保険適用外になってしまい、処方して頂けなくなってしまいました。ようやく良くなってきているのに、本当に本当に困ります。(40歳代・女性・埼玉県在住)

複数の皮膚疾患で飲み薬やステロイドと共に2年ほど前から処方してもらっています。本日病院に行ったところたまたま研修医の方に診察されたのですが、「医療費圧迫で月に一本しか出せないから市販のクリームを使って」と言われました。診察時に身体を見れば、美容目的か否かは明らかではないでしょうか?(30歳代・女性・岩手県在住)

僕は中学生からアトピー性皮膚炎になり、もう20年以上もアトピーで苦しんでいます。ヘパリン系の薬は本当に効果があり自分でも欠かす事の出来ない薬です。
どうか同じアトピーの方は沢山いると思い、苦しんでいると思うので保険適用して頂きたいと思います。(30歳代・男性・静岡県在住)

アトピーではありませんが、疾患によりヒルドイドを5年前から使用しています。
市販のスキンケア商品で顔が腫れ、皮膚科オススメの物も同様でした。皮膚の弱い方でも大丈夫!そんな商品を買ってはトライしますが全滅。いくつ試したかも分かりません。
そんな中ヒルドイドだけが腫れずに使用できています。
美容目的どころかお化粧さえも出来ず、ヒルドイドだけが頼りな人もいる事を解ってほしいです。(20歳代・女性・埼玉県在住)

小さい頃からずっとお世話になっています。
他の保湿剤や方法も試してみたことはあるのですが一番塗り心地もよく、乾燥しているときには手離せません。ここ数年、きちんと使えば悪化を抑えられています。なくてはならないものです。もし制限された場合、アトピーが悪化して…他の感染症になる恐れもあります。考えるだけで恐ろしいことです。必要としているアトピー患者さんはたくさんいます。(男性・香川県在住)

ヒルドイド問題 とても気にしていますが、やはり 4月からヒルドイドだけではなく保湿剤全て 保険適用外になるのでしょうか?
全身アトピーのため、保湿剤は大量に使うので負担が大きく困ってしまいます。

兄がアトピー性皮膚炎です。
治療法はその人により様々であり日々体調と相談しながらの生活を送っています。
大切な人を守りたいです。
保険適応外にされて本当に困るのは、今その薬が必要な人達です。どうか理解してください。他の方法があるはずです。(20歳代・女性・東京都在住)

幼い頃からアトピーに悩まされ、子供の頃は強いステロイドばかりに頼るようになっていた私ですが、紆余曲折を経て、やっとヒルドイドと弱いステロイドでなんとか生活できるようになりました。
ヒルドイドは毎日 朝晩全身に塗っていますし、二人の子供も同様にアトピーなので、ヒルドイドが欠かせません。
制限が出来てしまうと、やっと維持できている私の皮膚や、子供たちがどうなってしまうのかと、とても不安です。
アトピー治療を目的とした処方は、いまのままの量を処方していただけることを、切に願っています。(40歳代・女性・北海道在住)

9歳の娘がアトピー治療で、患部にはステロイド+ヘパリンクリーム、軽症部位にはプロペトを処方されています。毎日全身にいずれかを使用することになります。成長に伴い塗る面積も当然広がり、今後も使用量は増える一方です。自治体の取り決めで、我が家は9歳の子供でも医療費を3割負担しています。現時点でも、一部の節度のない大人の方と同じ条件で子供の医療費を負担していて、更に処方を制限されてしまうとなると、医療制度は誰に向けたものなのかと疑いたくなります。(30歳代・女性・千葉県在住)

ステロイド+ヒルドイドソフト+抗ヒスタミン薬での治療を受けています。冬場のように乾燥の酷い時期はヒルドイドソフトの使用が激しくなり、ステロイドと抗ヒスタミン薬は余っているが、ヒルドイドソフトだけが足りない、という時があります。他の保湿剤も試しましたが、これ以外では全身の落屑やひび割れが押さえられず、寝返りをうったり起き上がったりすることすら苦痛でした。どうか、どうかアトピー患者に対する理解と配慮を、お願い致します。

(10歳代・男性・兵庫県在住)

あまり考えもせず、当たり前に処方してもらっていました。その恩恵もあまり感じていませんでした。でも今回の一件で、少し自分もいい加減だったように思いました。保湿剤は毎日必要なものですが、改めてしっかり治していかないといけない。制限がかかると治すことに制限がかかります。それはおかしいと思います。十派一絡げではなく、もう少し患者の意見も取り入れてほしいと思います。(50歳代・男性・京都府在住)

8歳の息子がアトピー性皮膚炎です。ステロイド+プトペトの合剤で落ち着いたてきた肌にヒルドイドを使って保湿をしています。全身のアトピーがひどく、少しでも痒みや赤み、肌にガサガサの症状が出たときには、ヒルドイドを使って、予防にも使ってます。アトピー性皮膚炎の患者にしか分からない、肌ケアの苦しさがあります。そして、アトピーは見た目で精神的に追い込まれます。アトピーと付き合っていくには保湿が欠かせません。患者にもっと優しい社会(処方も含めて)になって欲しいと願います。(30歳代・女性・島根県在住)

私たちアトピ―は小さいときから皮膚科にかかり保険がきいていても毎月高いお金をとられているのに保険がきかなくなるともっと毎月の負担が増えて困るもっと弱者のことを考えてほしい、アトピーで心が折れるときもあり、社会人になると学生の時よりストレスも多く皮膚の状態も良くなったり悪くなったりの繰り返しで薬は離せません。ほんとうにこまります。(20歳代・女性・大阪府在住)

我が家の子供達はアトピー性皮膚炎のため乾燥が酷く、もちろんステロイドや飲み薬も併用していますが、冬場は一日あたり一本/人のペースで使用し、さらに保育園にも薬を預けて日中先生に塗ってもらっています。
そのため、一回の処方量はどうしても多くなります。
しかし、ヒルドイドソフトは我が家の子供達にとってはなくてはならないものです。
一部の勘違いした使い方をする人のせいで保険適用外になってしまうと、皮膚科で処方されなくなり、手には入らなくなってしまうのではと不安です。
市販の子供用の保湿剤ではたりません。大人のクリームのように美容成分はいりません。
ヒルドイドソフトに代わりはないのです。
我が家のように、使用頻度が高い家庭は、月に一回ステロイド、それ以外の時はヒルドイドソフトのみという時もあります。
患者の現実を是非理解してもらいたいです。(40歳代・女性・神奈川県在住)

11歳の娘、0歳から保湿とステロイドを使い治療してきました。やっとある程度コントロールができるようになり、さあ、これから! …とても不安です。
制限されるとコントロールができなくなるのは明らかです。
保険適応外になれば、娘の為に頑張らなくてはいけませんがきっと難しくなります。
ヒルドイドは本来、治療目的で作られたのではないのでしょうか?
まず美容目的での使用の制限、適応外を進めて欲しいです。
美容目的の方はきっと他にも使えるものがあり、選べるのですから。(40歳代・女性・大阪府在住)

健常者が美容目的のためにヒルドイド等を利用することを医者側でも注意喚起を行い、健常者自身も間違った認識であるということを理解させるようにテレビ広告をするとか。
実際にアトピー患者側からすると、非常に迷惑な話で。
保険負担をカットするとかを簡単に言わないでほしい。(10歳代・男性・滋賀県在住)

私は中学2年生から今までアトピー性皮膚炎で複数の皮膚科やアレルギー科でみてもらった時にヒルドイドを処方してもらいました。いつも通院しているのはかゆみや痛みを良くし弱くなった皮膚を治すために来ているのです。保険が使えなければ困ります。通院の医療費も高くなるし経済的に払えなくなる患者さんも増えてきます。本当に肌を治したい患者さんの気持ちを考えないで美容目的で受診してヒルドイドの薬をもらう方はお医者様が出さない方がいいと思います。美容なら化粧品かドラックストアなどで自分に合うものを探して良くなるのも沢山あると思います。医療薬のヒルドイド等の塗り方や処方の意味を理解しない方には保険適応外か一切受け付けないぐらいしないと本当に必要な患者さんに届かないのではないでしょうか。(40歳代・女性・大阪府在住)

小さい頃からヒルロイドを朝と夜の2回全身に使ってます。一ヶ月もしくは一ヶ月半ペースでしか皮膚科に行けないのです一回に貰う量が多いです。前に皮膚科に行った時にいつもの量貰おうとしたら350gが限度と小声で行っておりネットで調べ大変な事態になってることに驚きました。アトピーの私にとっては命と同じくらい必要なものです。保険が適応されなくなったら大変困ります。(20歳代・女性・愛知県在住)

いつも正確かつ貴重な情報提供ありがとうございます。
アトピー体質の人間にとって常日頃の肌の保湿はステロイドによる対処より極めて重要です。節度ない保湿剤は医療費財政の圧迫につながる一因なのかもしれませが、保湿剤を必要している人間が存在することも認識願います。(40歳代・男性・福岡県在住)

23歳の娘。アトピー歴23年。会社勤めなので朝から化粧をして帰宅してすぐに化粧を落としワセリン、プロペト。美容目的なら楽しいでしょうね。週半ばからまぶた、唇は切れて保湿するだけでもヒリヒリする状態。休日スッピンで肌を休ませる。でもそんな短期間で治るわけがない。顔にはステロイドは使わないので、ただただ保湿。保険の無駄遣いなんてしていない。苦しさを和らげるための手段なんです。奪わないで下さい(50歳代・女性・大阪府在住)

息子がアトピーです。ヒルドイドは3日に一本(25g)の割合で消費しています。
正直、それでもかなり節約しながら使っていますが、これからの時期にヒルドイドを塗らないと痒みで眠れなくなったりかきむしったところから血が出てしまったり、耳切れを起こし痛みを伴ったり…。本当に切実です。
処方を受けるかたのモラルも問われるところですが、処方される医師の方々の懸命な診断があれば必要な方への適切な処方が可能なのではないかと思います。そこへの介入をせずいきなり自費にするのはいささか乱暴すぎるように思います。(30歳代・女性・神奈川県在住)

現在2歳の娘は0歳の時からアトピー性皮膚炎の治療のため、ヒルドイド、ビーソフテンを使用しています。娘の治療には必須の保湿剤がなくなってしまいますと、これから先、どのように対処すべきなのか途方に暮れてしまい、せっかく寛解されてきたところがまた一からとなってしまいます。
美容目的ではなく、病気治療で保湿剤を必要な薬とされている方が沢山いらっしゃることをどうかご理解頂ければと切に願います。(0歳代・女性・兵庫県在住)

患者ではないのですが、筆を取らせてもらいます。保険適用外にする事は強く反対です。保険とは医療を必要とする患者たちに寄り添う物であって欲しいです。美容目的の人には保険適応外の価格での購入を徹底すれば、生産量も増えて価格の低下や安定供給し易くなると思います。(50歳代・男性・京都府在住)

小さい頃から、アレルギー科の先生に、ずっとヒルドイドを処方してもらっています。朝と入浴後に必ず全身に塗っています。だんだん身体も大きくなり、一回に使用する量が多くなっています。今までは、先生が適量を処方してくださっていたのですが、今回のことで、処方量に制限が出たと、量が減ってしまいました。これで保険適用が外れてしまったら、この痒みとかさかさに、どうしたらよいのでしょうか。私にとっては、本当に必要なお薬なのに、こんなことになり大変困っています。どうか、本当に必要な人が使えなくなるような制度にしないでください。(10歳代・女性・東京都在住)

私は大人になってからアトピーを発症し、重症化して入院した経験があるのですが、保湿しないとヤケドしたみたいになって夜も眠れず大変な思いをしました。ヒルドイドが保険適用外になると、日常生活に支障が出るし不安です。本当に困ります。(30歳代・女性・神奈川県在住)

私はアトピーの患者です。常にヒルドイドを全身に使っております 毎月300gのヒルドイドを処方していただいております。これが保険適応外となれば 毎月の負担が大きくなり 家計にも響いてきます。 アトピーはひどくならないように常に保湿を使い症状を悪化させないように一生使い続けていかなければならない薬だと思っています。美容目的で使用しようとしている人たちのために保険適応外にされては本末転倒です。 医者の診断で 美容目的にヒルドイドを使用したい人にだけ 保険適応外にできるように 医者がきちんと処方箋を書くときに 判断できるようにしていただきたいと思います
アトピーは命にはかかわりませんが つらいつらい病気です 顔がひどくなると人前にも出たくなくなり 精神的にもつらい病気だということを理解して頂きたいと思います。
そんな人たちの使う薬を 絶対に保険適応外にしないでいただきたいと思います。(60歳代・女性・宮城県在住)

ヘパリン類似物質製剤の保険適用外からの除外に強く反対します。私は重症のアトピーで今 現在も漢方薬 ステロイド 保湿剤と高額の治療費がかかっています。これ以上 の経済的負担は無理です。一部の節度の無い方々の行いでアトピー患者を自殺にまで追い込むことがあっていいのでしょうか。(50歳代・女性・大阪府在住)

医者の怠慢です!アトピー性皮膚炎の患者にとって欠かせない塗り薬です!あきらかにヒルドイド目的の方と区別はつくはずです!アトピーのつらさを少しでも多くの方に理解していただきたい。かゆくて夜中に起きて身体中をかいて寝られない子供とその横で一緒に付き添う母親のつらさを!(0歳代・男性・長野県在住)

私は2歳からずっとアトピー性皮膚炎に悩まされています。乾燥予防に毎日ビーソフテンクリームとプロペトを使用しております。もし保険適応外になると、十分な治療を行えず、悪化してしまう可能性さえあります。
治療ではなく、美容に使っている人は羨ましいです。カサカサになって、我慢できない痒みに襲われる日々なんてないでしょうから。
保険適応外にする前に、医師の処方方法を見直す必要があるのではないでしょうか。(20歳代・男性・愛知県在住)

一部の美容目的などで大量に処方を要求する方のために、ほんとうに病気で必要としている患者の負担が増えてしまうのは私たちアトピー 患者としては到底許されることではありませ ん。ヘパリン類似物質製剤の保険適用からの除外に対しては断固として反対します。(30歳代・男性・神奈川県在住)

アトピーのせいで仕事を何度も辞めては、また就職しての繰り返しで保湿剤でなんとかいままでやっていけてるのに、最後の希望を奪う気ですか?
アトピー患者をなんだと思ってるんですか?
お金が無いアトピー患者にこれ以上お金を出させて、殺す気ですか?何度もアトピーで悩まされて、保湿剤で乾燥を防げて何とかギリギリやっていけてる状態で保湿剤を取り上げるのはアトピー患者に死ねと言ってるのと同じだと思ってます。
アトピー患者と、美容に使う人をどうにか分ける方法を考えて欲しいです。美容に使う人にはそれ相応の対価を払わせるべきだと言う考え自体は自分も賛同しますが、アトピー患者にも同じ負担をさせるのは違うかと思います。命に関わる問題なのでもっと重く受け止めて欲しいです(20歳代・男性・北海道在住)

アトピー治療としての正しい処方と、美容クリームとしての悪質使用を切り分けることが、真の対策ではないでしょうか?
アトピー患者を見捨てるような処方制限は、対策ではないです。反対です。(30歳代・男性・栃木県在住)

乾燥してくると全身が痒みに襲われます。ヒルドイドのおかげで何とか痒みに我慢して働いています。それでもオフィスは乾燥しているので昼頃には肌がつっぱり、顔は皮がむけてきます。ギリギリの状態で生きています。(40歳代・女性・宮城県在住)

私は小さい頃からアトピーでヒルドイドとビーソフテンを使ってきました。今も変わらず使い続けています。薬が全額自己負担になると苦しいです。本当にお願いですから、保険適応外にしないでください。よろしくお願いします。(20歳代・男性・愛知県在住)

美容目的に用いる…理解に苦しみます。長きに亘り大学病院皮膚科に通院し、診療担当の先生方のご診察、ご診断に与り、ステロイド剤と共に処方されていますが、ヒルドイドもプロペトも無くては、人前にも出られない期間を免れません。短絡的に保険適用除外などとせず、投薬時なり、調剤時なりに病期、症状に基準を設けるなど先ず某かの策を講ずるのが、学識ある見解かと思われますが。(50歳代・女性・東京都在住)

医師が、患者の美容目的に処方しないよう、そちらを制限していただきたい。
本当に困る人がいるのです。
女優さんも使っているそうですが、大きな影響力を与えますので、その女優さんたちにも正していただきたい(30歳代・女性・大阪府在住)

うちの息子現在5ヵ月は、先日アトピー性皮膚炎と診断され、ヒルドイドを処方されています。こちらを塗らないと肌がガサガサです。美容目的なんて問題外です。きちんと使われるべき病の人にきちんと使っていただきたいです。(0歳代・男性・岩手県在住)

うちの息子現在2歳半は現在アトピー性皮膚炎と食物アレルギーでヒルドイドも処方されております。普段から保湿をして肌を正常な状態にしていないと、アレルゲンが肌から侵入してきます。喘息、卵、エビアレルギーも併発しております。美容目的なんてもってのほか。そういう1部の人のためにたくさんのアトピー性皮膚炎患者が苦しみたくありません。(0歳代・男性・岩手県在住)

1歳のとき初めてアトピーと言われ現在6歳になります。
落ちついてきましたが、中学校まではヒルドイドをかかさず塗るようにと言われています。実際、何かで塗れなかった日があったり、塗り方があまいと、未だに耳切れを起こしたりします。たっぷり塗るくらいの余裕がなければ、きっと状態が逆戻りしてしまいます。規制するのであれば病気と美容用では違うという判断をして行って欲しいです。(30歳代・女性・岩手県在住)

高2になる息子は0歳の時からアトピーがあり、ヒルドイドが手放せません。ステロイドを使わなくて良いときは保湿で過ごせるまでになりましたが、その保湿が保険適応外になるかもと気が気ではありません。
アトピーの息子にとって命綱の保湿を奪わないで!
悪いのは保湿剤ではなく無秩序に求める輩な患者モドキと、それに対して処方する儲け主義の医師でしょう!
規制をかけるなら人にかけていただきたいです。(30歳代・女性・千葉県在住)

3人の子供に使用しており、保険が効かなくなると困ってしまいます。よろしくお願い致します。(30歳代・女性・岩手県在住)

以前、子供がアトピーでヒルロイドも使用しておりました。現在はきれいに治ったためにしばらく使用してはおりませんが、美容目的の処方により、本当に必要な方に届かないというのは大変困ります。他人事とは思えずにご意見させていただきます!何とか良い方向に進みますことを願っております。(40歳代・女性・千葉県在住)

子供も私も保湿剤としてヒルドイドを使用しています。きちんと保湿することでお肌の状態が悪化しないように保つことが出来ています。もしヒルドイドが保険適用外になり保湿を怠ることになれば、お肌の状態が悪くなり現在は使用しなくても済んでいるステロイドを使うことになると思います。「美容目的」の定義がわかりませんが、私は市販の化粧水や乳液を使用するとヒリヒリして赤くなるので使用できません。それも「美容目的」と言われるのでしょうか?(30歳代・女性・岩手県在住)

美容目的で使用している方がいること、そういう方に医師が処方していることに驚きです!
保険云々ではない。医師が、症状をみて正しく処方するべきだと思います。
本当に必要な患者に負担がないようにしてほしい。(30歳代・女性・岩手県在住)

我が家のこどももアトピーのためにヒルドイドを使用しています。処方制限がかかると困ります。
きちんとした診断をされている患者と美容目的の人を一緒にしないでください。(30歳代・女性・岩手県在住)

私の娘は6ヶ月の頃から肌のグジュグジュに悩まされてきました。
ステロイドにも頼らせてもらいそのあとは毎日の保湿が大切で、ヒルロイドをお風呂上がり丁寧に塗るとグジュグジュまで行かなくなりました。
高い保湿剤を試したりもしたのですがなかなか続けることは厳しいです。
保険適用から外すのはとても困ります!(30歳代・女性・岩手県在住)

薬がなくなり切れると痒み、赤み、腫れ、痛みが増し、血が出るほどかかないと落ち着きません。化学繊維の服を着ると肌が悲鳴をあげます。
ニュースでヒルドイドが保険適応外になるかもと聞いて正直困っています。(20歳代・女性・神奈川県在住)

私の1歳の娘はアトピーの懸念があり、ヒルドイドを処方してもらい、肌の乾燥を防いで、皮膚の状態を少しでも緩和してほしいと思って、ヒルドイドを塗っています。
本来の治療に使っていない人が原因で治療に使っている人が処方に規制がかかると、治療ができなくなります。
少しでも症状を良くしたいと思って、ヒルドイドに頼っています。疾病なのに健康保険適用外にされるのは納得できません。全額負担になると、ヒルドイドをたっぷり全身に塗ってあげることが難しくなり、治療できないことも起こります。小さな子どもの薬を奪わないでください。
保険適用を外すのではなく、医師からの処方方法に問題があると思います。(徳島県在住)

ヒルドイドはまさに、私も使っています。保湿のために全身に塗っていますが、なくなると一番困るのが化粧前に肌を整えるものがなくなってしまうことです。洗顔だけでも肌に赤身がさしたり痒みがでたりします。洗顔後、ヒルドイドで肌を落ち着かせてからでないと、化粧に移れません。
 今まで散々色々な基礎化粧を試してきましたが、その基礎化粧でさえ肌荒れの原因になります。ヒルドイドを使うようになりようやくその悩みから解放されました。ヒルドイドは正に処方だと思います。また、アトピーに保湿が欠かせず、全身にアトピーが出た時などは、1週間で50gを使い果たす勢いでした。アトピーは痒みを我慢するばかりか皮膚が変色してしまい、見た目でも落ち込むことが多く、辛いものです。ステロイドと保湿これがアトピーには最も効果てきです。なぜ、ヒルドイドが保険適用から外れてしまうのか理解に苦しむと共に、この政策には反対致します。(広島県在住)

わたしは 一月に一本ぐらいの使用ですが問題になってるのは 美容クリームとしての使用のようですね。
どのぐらい使うのでしょうか?月に10本とか使われるのはどうかと思います  健康保険を使わなければいいと思います。 医療費がそこに使われたら 将来が心配です。(大阪府在住)

実際に治療を目的として使っている患者側からしたらとんでもなく。迷惑千万な話です。
署名活動とか何かの行動で対処できるなら。できる範囲での協力はしますので。(滋賀県在住)

美容目的は大変迷惑です、アレルギーに関係ない医療負担が0割等のお子さんの分でママが美容目的使用等も迷惑な話です。国の医療費を考えると厳しく取り締まるのは必要かもしれません。
しかし、あとぴー、アレルギー患者にとってヒルロイド、ワセリンは普通に暮らすために無くてはなくてはならない治療薬です。ここはちゃんと区別してもらいたいと思います。(兵庫県在住)

ヒルドイド系の保湿剤が保険適用から除外されるという件について、私も反対です。アトピー患者にとっては必要不可欠な薬ですし、慢性疾患を抱える私達にとって、保険が適用されなければかなりの痛手となります。
市販の保湿剤で事足りる方々は、市販のものを使用して欲しいです。アトピー患者は市販の保湿剤では保湿力が足りない上に、肌に合う物もかなり限られています。
美容目的で安易に処方保湿剤を使われると、本当に必要としている患者にとってはとても迷惑です。
医者にも、美容目的の人間にはヒルドイド系保湿剤を処方しないで欲しいと思います。(京都府在住)

息子と娘が皮膚科に通院しています。もちろん、ヒルドイド、ビーソフテン、ワセリンは、必ず処方してもらっています。保険適応外なんて、とてもとても困ります。
我が家は、母子家庭なので、医療控除で大変助かっております。保険適応外になると、どうすればいいのでしょう?代わりになるお薬はあるのでしょうか?そもそも、どうしてこんな政策提言がなされるのか?疑問でしかありません。アトピーで苦しむ人は、とても多い時代だというのに…。大変、切実な問題です。
どうか、保険適応であり続けてもらえるように署名でもなんでもします。保育園でも伝えられたらと思います。何か資料があれば、保護者にも伝えたい内容です。(京都府在住)

ヒルドイドは我が家でもずっと使用しています。皮膚が乾燥すると痒みが増しアトピーが悪化します。お薬にもアレルギーがあるので『保湿出来れば何でもでも良い』という訳にはいかないので、現在安心して使用出来ているヒルドイドが保険適用外になると医療費の負担が増し家計を圧迫するのでとても困ります。1ヶ月間に保険で処方出来る数を決める(現在も上限はあるのかな?)などして、何とか保険適用でいけるようにしてもらいたいです。(京都府在住)

ネットで、最高の美容液と称されてるのを見て驚いてからどれくらいになるかわかりませんが、その後このような事態になるとは。学生でアルバイトの頃から、アトピー手湿疹に悩まされていますので、ヒルロイドは手離せない毎日。カバンにも職場にもリビングにも台所にも…と。とにかくこまめに塗ることで、だいぶ症状も安定してきています。娘もアトピー体質のため、ビーソフテンやワセリンは欠かせず。
保険適用のおかげで、ひどくなる前にきっちり対処できています。保険適用でなくなることは、私達にとっては負担が大きくなり、家計を考えて節約すると症状の悪化にも繋がりかねないので、ぜひ保険適用のままでお願いしたいと思います。(大阪府在住)

自分は東京で生活保護を受けながら、アトピーとアレルギー喘息の治療をしている50代の男性です。アトピーとアレルギー喘息に支障ない仕事を何とかしています。もし、ヒルドイドなどの保湿剤を医薬部外品にされたら、それらの費用は払えなくなります。そうなると、ようやく何とか働ける状態にまで治ってきているアトピーの症状が再び悪化してしまいます。さらに、自分みたいな皮膚が弱い人にも使えるヒルドイドと同じ効能を持つ医薬部外品の保湿剤は、自分は見たことも聞いたこともありません。(東京都在住)

私と旦那がアトピーです。保険適用から外されると今肌に合っている物がなくなり一から探し当てることになります。色々と試し探し当てるのは大変難しく、また肌に合わなかった場合は悪化の可能性もありとても怖いです。外すのであれば代替品の提示を希望します。普通の人のように色々試すことが出来ないことを理解していただけないのでしょうか。なにかして悪化するかもしれないなら何もしないと旦那がいつも言ってるので無くなるのは本当に困ります。どうぞよろしくお願いいたします。(大阪府在住)

その時々で必要な対処が出来ないのは大変困ります。やはり、先生の診察診断のもとで、処方できるようにしておいてほしいと思います。また、先生方も塗り薬を簡単に出されるように個人的には感じています。
先生側からの診察や薬に対する説明が本当に少ないです。安易に必要のない人が処方を求めるのが悪いですが、医院や先生の対応もあるのではないでしょうか。(京都市在住)

生後2か月よりアトピー性皮膚炎を発症し、成人した現在も保湿剤は手放すことはできませんし、私自身も乾皮症の為に処方して頂いております。皮膚に疾患がある患者にとっては大事な薬なので、美容目的で使用されるのは遺憾をおぼえます。(大阪府在住)

40代で3人の子を持つアトピー患者です。私は湿疹が酷い頃ワセリンが合わずヒルドイドを処方されていました。今も乾燥が酷くなってきた時はヒルドイドを処方してもらっています。本当にヒルドイドが必要な人がいるのに一部の身勝手な人のために保険適用外になるのはどうかと思います。医療費が膨大になっているのが問題なのもわかりますが、まず病院や医師にも適正な処方をしてもらうなどの対応が必要なのではないでしょうか。(大阪府在住)

一部の美容目的にヒルドイドを使用している不心得者の為に本当にヒルドイドが必要な人が犠牲になってはいけません。根底にある健康保険財政が破綻しかかっているのは報道でもよくわかっております。何等かの手を打つ必要も分かります。処方するお医者さんの良識に任せるか、処方最大量を下げるか、他治療薬との処方が必要にするか、ヒルドイド処方を許可された人だけに処方するかなどでしょうか。保険適用除外にすることには反対します。(大阪府在住)

私は40代ですが小学校高学年からアトピーを発症し寛解を繰り返しています。ここ数年は調子がいいのですが、それでも月に一度通院し、現在は、ステロイド外用剤とヒルドイドのクリームを混ぜたものと、ステロイドを塗るほどではない調子の良い箇所には予防として乾燥しないようヒルドイドローションを処方してもらっています。伸びがよく広範囲に塗りやすく、ベタ付も少なく皮膚に浸透する感じがして、他の保湿剤より私には合っていると思って使用しています。ヒルドイドローションは毎回必要な分だけもらって帰りますが、医療負担が0割のお子さんのものを美容目的で使用されているのは、アトピー患者として本当に不公平でまたやりきれない思いです。処方の規定など整えていただき、本当に必要な人が保険適応外になって困らないよう考えていただきたいと思います。(兵庫県在住)

ヒルドイドもプロペトも愛用しています。保険適用から外れるとたちまち困ってしまいます。反面以前、亡くなったおじちゃんの家には山盛り皮膚の薬が溜まっていたのも思い出します。薬断れないタイプの人だったみたいで。無駄も良くないけど必要な人にも配慮が欲しいです。(京都府在住)

美容目的?化粧品メーカーさんの商品と比べて、ヒルドイドがたっぷり美容成分が入ってるとは思えません。
保湿力だけが美肌効果とは思えないのですが。ブロガー?方は何を根拠とされているんでしょうか。自分のアクセスアップ?それともアフェリエイト収入?でもドクターも乾燥肌。肌荒れ。と云われたら処方しない訳にもいかず、その方が美容目的かどうかを見抜く事も難しく思います。アトピー性皮膚炎の患者にとって、ステロイド外用薬と保湿剤が無くては、1日たりとも生活が成り立ちません。どうか私たちの生活に必要不可欠である保湿剤に制限をかけないでください。せめてアトピー性皮膚炎と診断された患者には必要な量が使えるようにしてもらえますよう切望します。(京都府在住)

私はアトピー性皮膚炎の標準治療を受けています。標準治療では、症状が改善するに従ってステロイド外用薬等の量を減らし、保湿剤によるスキンケアだけで良好な状態を保つことを目指す、と理解しています。完治は難しく、スキンケアをしながら一生付き合っていく疾患だとも思っています。保湿によるスキンケアが症状の緩和に有効だという実感は強く、また、市販の保湿クリーム等よりも、医師が適切に調合した保湿剤の効果は高いとも感じます。全身が乾燥状態なので、毎日使う保湿剤の量もかなり多くなります。
標準治療によって保湿剤によるスキンケアだけで済むという状態を目指しているのにも関わらず、もしそうなった途端に保湿剤が保険適用外になれば、経済的な負担が非常に大きくなります。充分な量の保湿剤を使えなくなったり、市販の保湿剤に変えたりすれば、症状が悪い状態に戻ってしまうのではないかと不安に思います。症状が悪化すれば、またステロイド外用薬等を使う治療を受けることになり、結果的に医療費を押し上げることにもなるでしょう。アトピー性皮膚炎の治療のためのヒルドイド等の保湿剤が、保険適用除外となることに反対します。(兵庫県在住)

 

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Reader(無料)がインストールされている必要があります。上のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。